• 概要
  • 診療体制
  • 医師紹介
  • 症例数・手術実績

概 要

診療内容

当院の新生児科は1982年4月に静岡県東部地域を対象に新生児医療体制の中心となる新生児センターの診療部門として開設されました。
25床でスタートしましたが、現在病床数は重症児の集中治療を行う新生児集中治療室(NICU)12床と、回復期の成長を見守る新生児治療回復室(GCU)18床の合計30床です。

特色

当センターの特色は、新生児搬送に特化した新生児専用救急車を備えているところです。車内には人工呼吸器をはじめ通常の重症新生児の管理に必要な器材が揃っており、北は御殿場、西は富士、東は熱海、南は下田まで、24時間・365日お迎えに行ける体制をとっております。また日中で天候がよければドクターヘリに新生児科医師が同乗し重症新生児を搬送したこともありました。
病棟ではNO吸入や脳低温療法など、今や必須となった診療機器もいち早く装備し、十分な使用経験があります。
早産・低出生体重児の救命率は全国トップレベルであり、現在は将来の発達を見据えた入院中の痛みのケアなどに重心を移しています。

主な施設認定

  • 総合周産期母子医療センター
  • 日本小児科学会認定施設
  • 日本周産期・新生児学会認定施設

リンク