コード・ブルーセミナー開催レポート
救急医療に特化した子ども専門の医療体験

『2018年3月31日(土)コード・ブルーセミナー開催レポート 救急医療に特化した子ども専門の医療体験』
今回のセミナーは、地域の子どもたちに少しでも当院や医療に対する興味・関心を持ってもらおうと準備を進めてきた企画です。当日は300人以上の応募者から抽選で選ばれた24人の小中学生が参加し、各種医療体験を通じ救急医療に携わる医師・看護師・スタッフと交流をしていただきました。
医療の現場がはじめてのお子さんが多いとあって、子どもたちの新鮮な驚きやイキイキとした表情が印象に残りました。
コード・ブルーセミナーの模様を動画と写真でレポートいたします。

AED体験

AEDとは心臓に電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

エコー体験

体の表面に機器を当てるだけで、体内の層面をリアルタイムで観察できる医療機器です。

手術縫合体験

傷口や手術時の切り口を縫合してふさぐ技術です。傷口を密着させて治癒を早める効果があります。

創外固定体験

骨折部分をはさんだ両側の骨にピンを打ち、金属の器具を使い皮膚の外で固定する技術です。

ドクターヘリ見学

医療機器を装備したヘリコプター。医療スタッフをいち早く現場へ送り込み、搬送することができます。