第63回 市民公開講座(手話通訳付き)

演題

知っていますか?眼瞼下垂 ~まぶたが下がっていませんか?気になる症状と治療法~
講師:松本 茂

順天堂大学医学部附属静岡病院
形成外科 助教

開催結果

参加者:80名(一般54人、職員26人)

市民公開講座の様子

平成30年1月17日(水)午後5時30分より、第63回目となる地域住民等を対象とした市民公開講座『知っていますか?眼瞼下垂 ~まぶたが下がっていませんか?気になる症状と治療法~』を当院第一会議室にて開催致しました。

形成外科 松本茂 助教が眼瞼下垂についてお話しされました。眼瞼下垂には、生まれつき目が開きづらい先天性の眼瞼下垂や顔面神経麻痺等が原因の眼瞼下垂、加齢が原因となる眼瞼下垂などいくつか種類があり、それぞれの原因・症状を説明されました。また、眼瞼下垂の種類によって治療法も異なり、加齢性の眼瞼下垂に対する手術治療について詳しくお話しされました。

眼瞼下垂の症状の他に治療中の疾患があり、抗血小板薬や抗凝固薬を内服されている方は担当医に許可を取る必要性がある等、手術をご希望されても症状や合併症などにより手術ができない場合もあるとお話しされました。

当日は80名の方にご来場いただきました。話すスピードや内容がとてもわかりやすかったというご意見をたくさん頂き、大変好評な市民公開講座となりました。

  • 市民公開講座の様子
  • 市民公開講座の様子
  • 市民公開講座の様子
  • 市民公開講座の様子

リンク