センター紹介

当院は、平成19年2月1日よりがん診療連携拠点病院として認可されております。

当院におけるがんに対する基本方針
  • がん診療連携拠点病院(がん治療センター)等で行われている各種がん治療ガイドラインに沿って専門医が検査、治療、術前・術後化学療法、放射線治療(Xナイフ、リニアック)、緩和医療などをがんセンターや順天堂大学医学部各科専門科との連携の上で最善の医療を提供するようにしております。
  • がんは患者さんご本人への告知を原則として、患者さんと共にがん治療に取り組んでおります。
  • がんは、手術が最善の治療法とは限りません。患者さんに最適と思われる治療法についての十分なご説明とインフォームドコンセントを得て、選択した検査・治療を行っております。
    また、患者さんのご希望があればセカンドオピニオンも行うようにしております。
当院におけるがん診療体制

がん治療センターでは、がん診療に携わる各診療科の医師と看護師や薬剤師、相談員、緩和ケアサポートチームなど様々な関係職種による「がん治療センター運営委員会」を定期的に開催しています。ここで共有した情報を基に化学療法だけでなく放射線治療、緩和医療などがん診療に関する集学的な検討を行っています。また、緩和ケア、患者相談、地域医療連携などがん患者さんの療養生活に関する現状や課題についての意見交換を行い、患者さんが安心して治療に専念できるよう各診療科と各部門が協力して患者さんの利便を図っています。

その他にも、定期的にキャンサーボードを開催し、診療科以外の医師や病理診断、放射線治療などの専門医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、緩和ケアサポートチームなど違った立場からの意見交換を行い、患者さんにとって最善の治療が実施できるよう取組んでおります。

診断、専門とする分野

診断

各種がんの専門医が画像検査の読影を行っております。

専門とする分野

部位 がんの種類
頭頚部
  • 軟部性脳腫瘍
  • 頭頚部がん
  • 下垂体腺腫
  • 神経膠腫
  • 聴神経鞘腫咽頭がん
  • 喉頭がん
  • 乳がん
  • 肺がん
  • 胸腺腫
  • 中皮腫
消化器
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 小腸がん
肝・胆・膵
  • 肝がん
  • 胆管がん
  • 胆嚢がん
  • 膵がん
泌尿器
  • 腎がん
  • 膀胱がん
  • 前立腺がん
  • 精巣がん
  • 陰茎がん
  • 尿管がん
皮膚
  • 皮膚がん
  • 悪性黒色腫
骨・筋肉
  • 骨肉腫
  • 軟部肉腫
血液・リンパ
  • 白血病
  • 悪性リンパ腫
婦人科
  • 卵巣がん
  • 子宮体部がん
  • 子宮頚部がん
  • 子宮肉腫
  • 絨毛性疾患外陰がん

がん相談支援センター

当院では、地域がん診療連携拠点病院としてがんに関する様々な支援体制を整備しております。専用相談窓口として、患者・看護相談室内に『がん相談支援センター』を設置し、専任の相談員により患者さんやご家族、また地域の医療機関の皆さんからの相談を受け付けております。手術や放射線治療、化学療法、緩和ケアなど診療内容の他、治療費や社会保障制度など経済的な内容や治療環境、就労、セカンドオピニオンに至るまで、がん治療に係る様々な相談についてソーシャルワーカーや看護師等がお話を伺います。相談は無料・秘密厳守ですので、お気軽にご相談下さい。

問い合わせ先・相談窓口:患者・看護相談室(がん相談支援センター)

電話番号   055-948-3111  内線 3829
フリーダイヤル   0120-78-9914(直通)
FAX   055-948-2103

案内図

関連イベントについて

附属病院がん治療センター リンク