• センター紹介
  • 治療方針
  • 外来化学療法
  • 緩和医療
  • 専門とする分野、診療実績

センター紹介

当院は、平成19年2月1日よりがん診療連携拠点病院として認可されております。

当院におけるがんに対する基本方針
  • がん診療連携拠点病院等で行われている各種診療ガイドラインに準じた標準的治療等を、順天堂大学医学部各科専門科やがんセンター等と連携しながら、専門医が検査、治療、術前・術後化学療法、放射線治療(Xナイフ、リニアック)等を組み合わせた集学的治療および緩和ケアなど、最善の医療を提供するようにしております。
  • がんは患者さんご本人への告知を原則として、患者さんと共にがん治療に取り組んでおります。
  • がんは、手術が最善の治療法とは限りません。患者さんに最適と思われる治療法についての十分なご説明とインフォームドコンセントを得て、選択した検査・治療を行っております。
    また、患者さんのご希望があればセカンドオピニオンも行うようにしております。
当院におけるがん診療体制

がん治療センターでは、がん診療に携わる各診療科の医師と看護師や薬剤師、相談員、緩和ケアサポートチームなど様々な関係職種による「がん治療センター運営委員会」を定期的に開催しています。ここで共有した情報を基に化学療法だけでなく放射線治療、緩和医療などがん診療に関する集学的な検討を行っています。また、緩和ケア、患者相談、地域医療連携などがん患者さんの療養生活に関する現状や課題についての意見交換を行い、患者さんが安心して治療に専念できるよう各診療科と各部門が協力して患者さんの利便を図っています。

その他にも、定期的にキャンサーボードを開催し、診療科以外の医師や病理診断、放射線治療などの専門医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、緩和ケアサポートチームなど違った立場からの意見交換を行い、患者さんにとって最善の治療が実施できるよう取組んでおります。

関連イベントについて

緩和ケア

当院では「がん」に対する積極的治療をしながら、がんによる苦痛な症状を緩和し人間として尊厳を得られるよう、平成18年7月より緩和ケアサポートチームを編成し、患者さんとご家族の精神的な悩みを少しでも支えてあげられるよう支援を致しております。不安や心配事のある方は、どうぞご相談ください。

緩和ケアサポートチーム リーダー 岡崎 敦 教授

がん相談支援センター

当院では、地域がん診療連携拠点病院としてがんに関する様々な支援体制を整備しております。専用相談窓口として、患者・看護相談室内に『がん相談支援センター』を設置し、専任の相談員により患者さんやご家族、また地域の医療機関の皆さんからの相談を受け付けております。手術や放射線治療、化学療法、緩和ケアなど診療内容の他、治療費や社会保障制度など経済的な内容や治療環境、就労、セカンドオピニオンに至るまで、がん治療に係る様々な相談についてソーシャルワーカーや看護師等がお話を伺います。相談は無料・秘密厳守ですので、お気軽にご相談下さい。

問い合わせ先・相談窓口:がん相談支援センター(患者・看護相談室)

電話番号   055-948-3111  内線 3829
フリーダイヤル   0120-78-9914(直通)
FAX   055-948-2103

案内図

コラム 『がん』に負けない ~「予防」と「ならないための指針」~

日本において死因の第一位は「がん」であり、亡くなられる方の約3人に1人が「がん」で亡くなっております。静岡県でも死因の1位は「がん」で、年々増加傾向にあります。順天堂大学静岡病院も予防、早期発見そしてより良い医療の提供に力を入れております。

平成18年人口動態統計「静岡県広報誌」参照

「がん」予防には、まず禁煙

がんの予防には特別な薬等は有りません。一般の生活習慣病と同じ予防法が大切です。禁煙はがんの発生に関連性が強いことから、禁煙は最も有効な予防法です。

『喫煙が原因となるがん死亡の割合』 (「新版喫煙と健康」2002年版参照)
咽頭がん 96%
肺がん 72%
咽頭・口腔がん 61%
食道がん 48%
膀胱がん 31%
膵臓がん 28%
肝がん 28%
胃がん 25%

「がん」にならないための指針

  • 飲酒は適度に。日本酒なら1合、ビールなら大ビン1本程度まで。
  • 野菜・果物は1日400gとる。
  • 塩分は最小限に。食塩で1日10g未満。
  • 定期的な運動。毎日60分程度の歩行や週1回汗をかくような運動を。
  • 太り過ぎず、痩せすぎない。BMIが27を越さない、20を下回らない。
  • 熱い飲食物は最低限に。
  • 肝炎ウイルスの感染の有無を知る。

BMI=体重(kg)÷身長(m)2

附属病院がん治療センター リンク