平成28年度 順天堂大学医学部附属静岡病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,344 277 423 789 1,054 1,234 2,935 3,744 2,100 258

平成28年度には約14,000人の患者さんが退院しました。少子化社会、超高齢社会と言われる今日、60歳以上の患者さんの割合は、全体の6割以上となっています。救命救急センター、新生児センターを併設し、また静岡県東部ドクターヘリ基地病院としてヘリは年間1,000件以上出動し、他の地域医療機関との連携により救命救急医療の中核的な役割を果たしています。
また、地域の医療機関からの多くの患者さんのご紹介をいただいております。
静岡県東部地区の基幹病院として地域の医療ニーズに応えるべく、より一層の努力を傾注していきます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

呼吸器内科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 49 25.84 19.92 12.24% 73.24
040040XX99000X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 28 21.18 14.83 25.00% 74.96
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 23 25.00 21.25 26.09% 79.74
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 13 22.85 12.35 0.00% 68.77
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 12 13.92 3.68 16.67% 74.25

高齢者社会となり、肺炎による死亡者数は第3位まで増加しています。当院でも高齢者の肺炎、特に誤嚥性肺炎の方が多く入院されています。高齢者の場合、免疫能の低下などもあり、抗菌薬の効果が出にくいことがあります。また、肺炎治癒後も日常生活へ戻るための体力が回復するのに時間を要することが多く、平均在院日数が長めになっています。
間質性肺炎は多くの場合は原因不明で、肺が線維化(硬くなって広がりにくくなる)を起こす病気です。治療としてステロイド剤や免疫抑制剤を用いることが多いのですが、ステロイド剤を高容量で投与することは入院中でしかできず、また、いったん投与を開始すると急激に減らすことができません。このため長期間の入院日数を要することが多いです。
また、当科で対応している肺癌は、抗癌剤や放射線治療を行う進行期の肺癌がほとんどです。抗癌剤治療の場合、副作用の確認のため約3週間から4週間の入院期間を必要とします。

消化器内科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
060050XX97X0XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 79 13.10 11.74 1.27% 74.27
060050XX99X00X 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 50 9.48 10.33 2.00% 68.26
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 46 12.76 11.06 6.52% 74.80
060300XX97100X 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 28 10.07 14.28 0.00% 62.11
060140XX97X00X 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 27 12.96 10.93 0.00% 72.89

当科は静岡県肝疾患診療連携拠点病院に指定されており、肝炎・肝硬変・肝がんの患者さんがたくさん通院されています。
また救急救命センターを有する急性期病院として、消化管出血・急性胆管炎・急性膵炎などの救急疾患にも迅速に対応しています。

リウマチ科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
070560XX99X0XX 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 21 26.62 17.77 9.52% 54.14
070560XX99X6XX 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 6あり 12 43.25 29.92 16.67% 60.00
040110XXXXX0XX 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 10 14.70 19.92 10.00% 69.00
070470XX99X0XX 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 14.52
070560XX99X1XX 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 1あり 38.87

当科は、静岡県東部では数少ない膠原病を標榜している科であり、免疫抑制治療を要する膠原病患者や、感染症を合併された患者等を入院治療としています。ただし病床数が非常に少ないため、入院は重症患者に限られ、在院日数がより長くなる傾向にあります。また、その専門性から病態が落ち着いても後方の受け入れ病院に制限があります。そのような中、ガンマグロブリン大量療法やエンドキサンパルス療法のための入院にクリニカルパスを導入し、効率の良い病床運営を心がけています。さらに近隣病院とは、治療後のリハビリにおいて、より医療連携を充実させていきます。

内科(腎臓内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科)
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
110280XX02X1XX 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 100 25.51 37.06 9.00% 70.30
130010XX97X2XX 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 34 39.29 41.96 5.88% 64.79
100071XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 85歳未満 28 14.00 14.91 0.00% 61.32
100071XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 85歳未満 27 13.63 12.20 0.00% 60.81
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 85歳未満 26 13.81 11.48 3.85% 60.27

内科(糖尿病・内分泌内科)
当院の糖尿病・内分泌内科では2週間の支援入院コースを設けております。慢性疾患である糖尿病は通常は外来にて加療を行いますが、初めて糖尿病と診断された方、これまで糖尿病治療を受けてこなかった方、また治療をしていてもなかなか良くならない方には入院が必要になります。糖尿病の合併症には脳梗塞や心筋梗塞、失明、腎不全、足壊疽など、さまざまな動脈硬化性疾患があります。入院期間中にこうした合併症の評価はもちろんのこと、食事や運動のアドバイス、薬物治療の検討・見直し、フットケア等を総合的に行います。退院後は当院またはお近くの医療機関に、定期的に通院していただきます。

内科(腎臓内科)
わが国の成人の8人に1人は、慢性腎臓病です。慢性腎臓病は、糖尿病・高血圧・動脈硬化などの生活習慣病、慢性腎炎症候群などの腎臓そのものの病気および加齢が主な原因になっています。慢性腎臓病では、ゆっくりと確実に腎臓のはたらきが失われていきます。腎臓のはたらきが低下し、日常生活が困難になる状態を末期腎不全といいます。末期腎不全になると、血液透析、腹膜透析、腎移植のいずれかの腎代替療法[自分の腎臓の代わりを機械、腹膜(お腹の中にある薄い膜)、他人から提供された腎臓のいずれかにさせる]を行う必要があります。腎臓内科の最も重要な任務は、慢性腎臓病患者さんの末期腎不全への進行を予防することですが、不幸にして末期腎不全となった患者さんの腎代替療法への移行を手助けすることも大切です。軽症の慢性腎臓病患者さんへは、ガイドライン(治療の指針)にのっとった食事・生活習慣の改善および薬剤による集学的な治療を行います。

内科(血液内科)
急性白血病
急性白血病には、骨髄性とリンパ性とあります。どちらも、入院して化学療法を施行しなければいけない病気です。最初の治療で寛解した後も、地固め療法といって、再発しないように化学療法を繰り返します。
病気の種類や、状態により骨髄移植をしなければいけないこともあります。

循環器内科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 439 2.71 3.06 0.46% 69.10
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 397 4.55 4.71 0.25% 69.46
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 268 2.94 3.22 0.37% 71.09
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 88 4.17 5.85 0.00% 72.49
050210XX97000X 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1・3あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 70 6.04 11.38 0.00% 77.73

日本の現状の少子高齢化社会が当院の立地する伊豆半島ではより顕著な傾向である。人口 は減少に転じても、この背景から心疾患症例は増加している。疑いも含めて虚血性心疾患が最も心疾患に占める比率が裔い為、精査の方法として心臓カ テーテル法による諸検査が数多く必要となる。それも単なる造影検査のみではなく、より詳細に血管の状態を把握する為の血管内超音波検査等も併せて行うことも多い。そして検査の結果で治療が必要となった場合、薬物療法、経皮的冠形成および外科手術を病態や長期成績及び患者背景等を科学的に十分検討して行っている。その結果で経皮的冠動脈形成術等による治療が多くなっている。

外科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 59 9.36 9.08 11.86% 69.83
060040XX99X50X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 副傷病なし 54 3.09 4.50 0.00% 62.22
060035XX99X70X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 副傷病なし 50 3.82 4.84 0.00% 70.90
060040XX99X60X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 副傷病なし 49 3.55 4.41 0.00% 66.80
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 39 6.79 6.82 0.00% 61.79

当科では、多くの腸閉塞(イレウス)を経験しています。このほとんどは、緊急入院で、イレウス管留置や高圧酸素療法により治療しています。これらの治療により改善がみられない場合には手術療法を行っています。
進行・再発大腸癌に対して、大腸癌治療ガイドラインに従い、積極的に化学療法を行っています。
胆石症に対しては、腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く行っています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 72 9.57 9.87 9.72% 77.75
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 発症前RankinScale 0、1又は2 41 14.76 16.54 26.83% 68.85
010060X2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 発症前RankinScale 3、4又は5 40 18.93 20.18 40.00% 73.05
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 39 13.87 19.35 33.33% 64.67
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 39 9.33 7.52 15.38% 53.26

脳神経外科では、24時間体制の診療医師を配置しており、救急処置を必要とする重症頭部外傷患者や脳卒中患者、特に脳梗塞をはじめとする脳虚血性疾患などに幅広く対応しており、脳卒中地域連携パスを活用し地域の医療機関との連携も強化しています。

整形外科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 113 25.98 24.42 43.36% 66.93
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 80 31.09 27.63 86.25% 81.89
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 40 26.08 26.26 97.50% 74.63
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 36 3.97 5.49 2.78% 52.94
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 30 12.00 11.91 0.00% 38.23

当科では併設する救命救急センターと連携して治療にあたっており、大腿骨近位部骨折や前腕骨骨折から多発外傷までの多岐にわたる外傷の治療にあたっています。また、慢性疾患では股関節や膝関節の人工関節全置換術や内視鏡を使用した関節手術の患者さんが多くなっており、術後早期にリハビリ専門病院での加療が可能になるように連携を密にしています。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
050163XX03X0XX 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 36 10.08 12.74 2.78% 74.19
050180XX97XXXX 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 31 2.65 3.34 0.00% 69.68
050080XX01010X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 29 21.38 24.70 6.90% 74.14
050080XX0111XX 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 1あり 16 29.25 38.92 6.25% 67.88
050161XX97X10X 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 13 19.85 28.23 15.38% 68.00

いずれも心臓血管外科における手術症例数の多い疾患のランキングですが、診断群分類別患者数等に記載されているのは術後に重篤な合併症を併発しなかったものに相当し、診療科別主要手術別患者数等には重篤な合併症を併発したものを含んでいると考えると理解しやすいと思います。
ランキング上位の代表的疾患を例示すると、
1、 腹部大動脈瘤
2、 下肢静脈瘤
3、 心臓弁膜症(大動脈弁狭窄、僧帽弁閉鎖不全など)
4、 急性大動脈解離
などとなります。
重症例においてはリハビリも含めて当院で行わざるを得ないことも多く、平均在院日数が長くなっていますが、術後の回復が遅いわけではありません。患者の方々が納得する形で退院していただくのはもちろんですが、急性期病院の性質上、今後も早期退院に向けて努力するとともに患者の方々のご協力をお願い申し上げます。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 62 17.21 12.73 0.00% 71.52
040200XX01X00X 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 35 14.57 10.09 0.00% 39.57
040150XX97X00X 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 11 23.82 31.34 0.00% 71.45
130030XX97X00X 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 9.18
040030XX01XXXX 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 10.28

順天堂大学医学部附属静岡病院呼吸器外科は、伊豆半島のみならず、静岡県東部地区全域から診療にあたっています。伊豆半島、東部地区(人口:約100万人)で呼吸器外科を専門としている常勤医師は約10人しかおらず、その中で、当院は呼吸器外科3人、24時間で対応しております

形成外科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 26 7.04 5.80 0.00% 39.08
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 18 5.11 4.28 0.00% 45.00
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 16 17.06 8.78 0.00% 79.06
100100XX97X0XX 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 なし 13 20.54 26.28 15.38% 70.38
070010XX010X0X 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 5.94

顔面損傷(骨折含む)、体表(皮膚~筋層)の腫瘍切除等の治療は以前から積極的に行っている。高齢化による眼瞼下垂症への手術が増加している。また、近年の糖尿病患者増加に伴い、創傷外科として糖尿病の足病変の患者が増えており、当科ではフットケア外来を数年前より新設し治療にあたっている。

眼科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり 片眼 102 10.19 10.53 0.00% 59.30
020200XX9710XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 79 9.71 7.72 0.00% 70.22
020180XX97X0X0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 58 9.53 8.27 1.72% 62.33
020110XX97XXX0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 47 5.51 2.91 0.00% 64.09
020280XX97XXXX 角膜の障害 手術あり 41 11.27 11.07 2.44% 65.44

当院は、静岡県東部地区の基幹病院であるため、特に網膜剥離や黄斑前膜、黄斑円孔、糖尿病網膜症などの眼底疾患の入院が多くみられます。特に当地区は糖尿病のコントロール不良の症例が多く、網膜症が重症の症例が多い傾向がみられます。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
030350XXXXXXXX 慢性副鼻腔炎 66 8.02 7.47 0.00% 61.86
030150XX97XXXX 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 40 8.45 7.75 0.00% 58.45
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし 33 5.52 5.24 0.00% 68.00
030250XX970XXX 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1 なし 30 7.97 8.39 0.00% 9.70
030230XXXXXXXX 扁桃、アデノイドの慢性疾患 27 7.33 8.12 0.00% 23.37

慢性副鼻腔炎入院患者は、ほぼ全員が手術症例です。術後処置を含め、約1週間で問題なく退院しています。頭頸部腫瘍手術では、甲状腺腫瘍が最も多く、そのほとんどが紹介患者さんです。合併症なく、約1週間で退院しています。
入院を要するめまい(前庭機能障害)患者さんは、ほとんどが他施設からの救急搬送です。全員受け入れ、全身管理の上、脳MRI、聴覚平衡機能検査など精査をすすめ、的確な治療を迅速にすすめています。入院を要する感染症では、扁桃周囲膿瘍が最も多く、抗生剤、解熱鎮痛剤投与など保存的治療の効果は乏しいです。当科では即日、切開排膿を行い劇的な改善を認めます。さらに、扁桃周囲膿瘍や、咽喉頭炎から、急性喉頭蓋炎などの喉頭浮腫を併発している患者さんには、気道狭窄の進展により窒息する可能性があるため、原則入院加療を行います。扁桃周囲膿瘍、喉頭浮腫の患者さんのほとんどが、他施設からの紹介です。全員受け入れています。

脳神経内科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
010110XXXXX40X 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 24 15.71 18.04 16.67% 60.58
010160XX99X00X パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 23 17.35 18.71 30.43% 70.91
010090XXXXX00X 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 副傷病なし 19 16.21 13.92 15.79% 43.89
010080XX99X00X 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 17 11.06 9.36 0.00% 45.41
010160XX99X10X パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 副傷病なし 17 20.94 21.15 29.41% 71.06

ギランバレー症候群などに代表される免疫介在性・炎症性ニューロパチー感冒様症状の後に、手足のしびれ、筋力低下が認められます。入院後に迅速に急性期治療を開始して、自宅退院またはリハビリテーションにスムーズな移行を図っています。
パーキンソン病や多発性硬化症などのすべてのコモンな神経疾患も対応可能です。
入院にて個々の患者さんに適した薬物治療を、専門医のもとに行い、副作用の有無をしっかり観察しています。入院早期からリハビリテーションも行い早期退院、さらなるリハビリテーションへの移行を図ります。
髄膜炎などの脳脊髄の炎症性疾患にも対応し、適切な指導を行います。

皮膚科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 22 8.36 8.78 4.55% 79.77
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 22 4.32 4.28 0.00% 65.00
080100XXXX0XXX 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし 19 15.74 11.28 0.00% 65.79
080011XX99XXXX 急性膿皮症 手術なし 15 10.67 11.97 6.67% 58.87
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 15 6.67 8.96 0.00% 72.20

入院実績上位疾患が悪性・良性皮膚腫瘍であることは、高次機能を提供する病院としては当然のことである。ただ、その内訳をみると、ほとんどの症例において入院当日に手術されていることが際立った特徴として見て取れる。これは、入院期間を可及的に短縮している努力を示す一方、局所麻酔手術が大半であることを同時に示している。では、全身麻酔手術を行っていないかといえば、むしろ重症悪性腫瘍については診断・評価を十全に下した後、形成外科と提携しつつ、学際的に対応、全身麻酔下の手術自体は形成外科が実施している。
他方、皮膚内科的疾患としては、最近、重症薬疹と深部蜂巣炎の増加を特筆したい。ともに、生命的予後にも大きく影響する救急ならびに緊急入院対象疾患である。重症薬疹の在院日数が若干長いのは、地域あるいは院内連携を密に取りつつ、内服試験などを通じて「安全な処方」を確立するための、欠くべからざる道程と自負している

泌尿器科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
11012XXX020X0X 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 副傷病なし 53 6.43 5.83 0.00% 56.87
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 49 9.02 7.44 0.00% 71.31
110070XX02020X 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 副傷病なし 23 8.39 7.85 0.00% 76.39
11001XXX01X0XX 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 20 15.75 12.52 0.00% 64.35
110200XX04XXXX 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 19 8.42 7.78 0.00% 71.00

尿管結石においてはレーザーを用いた経尿道的尿路結石破砕術を行っている。軟性および硬性尿管鏡を用意している。膀胱腫瘍の経尿道的手術では、生理食塩水を灌流液とする最新の機械を用いている。腎細胞がん、腎盂尿管がんでは腹腔鏡手術を行っている。前立腺肥大症ではグリーンライト、およびホルミウムレーザーを用いたPVPとHoLEP手術が可能である。

産婦人科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
120180XX01XXXX 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 167 9.37 9.88 0.00% 33.28
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 152 8.29 10.05 0.00% 44.86
120070XX01XXXX 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 137 8.37 10.36 0.00% 45.91
12002XXX99X40X 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 109 3.85 5.12 0.92% 63.49
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 108 3.52 6.18 0.00% 0.00

静岡県東部で唯一の総合周産期母子医療センターとして診療にあたっており、緊急帝王切開術にも24時間体制で対応しています。また他院からの母体搬送も多く受け入れており、産科の母体・胎児の合併症(帝王切開術を行った入院を含む)に伴う入院が最も多くなっております。
婦人科良性疾患に対する手術(子宮全摘術、卵巣切除術など)や、悪性腫瘍に対する抗癌剤治療、放射線治療など、婦人科疾患の多岐に渡る治療を行っています。

小児科、小児科(新生児)
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
140010X199X00X 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 156 8.75 6.18 1.28% 0.00
140010X299X0XX 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 77 15.19 11.55 1.30% 0.00
040070XXXXX0XX インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 58 6.59 6.09 0.00% 1.71
100250XX99100X 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 48 2.73 3.81 0.00% 6.83
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 47 6.62 5.79 0.00% 4.96

新生児科は総合周産期医療センターの新生児部門でもあるため、病的新生児の入院は非常に多く、年間400名を超えます。そのうち最も多いのは、妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害です。ここに示す156名のお子さんはその中でも比較的軽症の群で体重は2500g以上あるお子さんたちで、黄疸や無呼吸発作などが主な入院理由でしたが、外科疾患を合併している場合は転院となることもありました。
小児科としては、気管支炎・肺炎などの急性呼吸器感染症が最多であるのは全国共通です。また当院小児科は静岡県東部の基幹病院であるため、最近とくに低身長の精査のためにご紹介いただくケースが増加しております。成長ホルモン分泌不全をはじめとした下垂体機能低下症の診断のために成長ホルモン分泌刺激負荷試験を入院して行っています。

救急科
DPCコード DPC名称

平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)


平均
年齢
患者用
パス
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 副傷病なし 36 3.39 3.64 2.78% 45.33
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 19 5.89 9.87 5.26% 68.84
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 14 7.93 7.52 28.57% 41.50
160200XX99X0XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 5.16
160450XX99X0XX 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 9.50

当科は静岡県東部の最後の砦として数多くの重症疾患を収容しています。急性薬物中毒患者様の多くは自殺未遂で大量内服をされて意識障害や血圧低下、誤嚥性肺炎の合併症などで入院されます。精神的な疾患を背景にもたれている方が多いのですが、意識障害や身体的な異常が改善し、その後、精神科医の治療が入院で必要な場合、当院には精神科病棟がありませんので、退院に転院して頂くことになります。
また、当科は重症外傷の初期診療と引き続き入院診療を担うことが多いのですが、頭部外傷で手術適応のある患者様は基本的に脳神経外科で、単に経過観察入院するときには当科で診療を行うこともあります。手術適応が生じれば脳神経外科へ転科、神経学的な後遺症が残った場合、当院は急性期疾患の診療を主体としていますので、リハビリ目的で転院して頂くことになります。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 56 36 11 44 1 25 1 7
大腸癌 57 64 112 79 19 177 1 7,6
乳癌 56 1 7
肺癌 41 25 20 57 13 13 1 7
肝癌 27 52 58 12 13 38 1 7

 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、肝癌、乳癌(外科)
外科では、胃癌、大腸癌、肝癌、乳癌の治療を行っています。胃癌、大腸癌、肝癌に対しては、開腹手術はもとより、腹腔鏡手術も積極的に施行しております。乳癌に対しては、乳房温存手術+センチネルリンパ節生検や乳房再建を取り入れています。
当科では、StageIII,IVの進行癌を多く経験します。このような症例には、手術療法、化学療法、放射線療法など集学的治療を行ない、癌の根治に全力で取り組んでいます。

胃癌、大腸癌、肝癌(消化器内科)
消化器内科では、早期胃癌・大腸癌に対する内視鏡治療から、進行癌に対する化学療法まで、患者さんひとりひとりの病状に合った最新治療を行っています。また肝癌に対して、カテーテル治療・ラジオ波焼灼療法を積極的に行うと当時に、患者さんの生活・食事指導まで幅広くサポートしています。

肺癌(呼吸器内科)
肺癌の場合、病期I期、II期は外科切除が治療の主体になりますので、呼吸器外科で手術を行います。病期III期、IV期は進行癌と呼ばれ、多くの場合は抗癌剤治療や放射線治療が主体となりますので、呼吸器内科、放射線科で治療を行います。また、手術で切除した後に再発される方もおられ、この場合も治療は抗癌剤治療、放射線治療が主体となります。多くの施設でいえることですが、当院のデータでも進行期や再発の肺癌が多いことがわかります。また、早期に発見され外科手術が行われた方も多くいることがわかります。

肺癌(呼吸器外科)
肺癌の患者さんは、高齢化し、殆どの方は循環器、紹介をはじめとして様々な合併症をお持ちです。当院のデータにおいても、71歳と高齢であり、このような状態にあって、今後は順天堂のような総合病院が力を発揮します。リスクの高い患者さんを他科と協力し、高い安全性で治療しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 34 15.53 70.29
重症 15 32.40 76.27
超重症
不明

呼吸器内科
市中肺炎とは、病院外で普通に日常生活を送っている方がかかる肺炎を指します。市中肺炎の重症度は日本呼吸器学会が作成した成人市中肺炎診療ガイドラインで定めたA-DROP法という指標を用いて判断します。Aは年齢(男性なら70歳以上、女性なら75歳以上)、Dは脱水の有無、Rは低酸素血症の有無、Oは意識障害の有無、Pは血圧低下の有無を指します。これらで該当する項目が多いほど重症と判断します。当院のデータでは、軽症と判断された方は外来で対応可能ですので、入院治療はされていません。また、重症度が高い肺炎は高齢者に多く、入院期間が延びることがわかります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 20 7.45 71.80 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 328 20.52 73.89 40.68%
その他 26 22.85 70.73 2.82%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 17 8.53 70.71 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

当院は脳卒中学会認定施設にも登録される急性期病院であり、脳卒中センター的な役割を果たすべく、発症より3日以内の急性期の症例が大部分を占めています。特に、4.5時間以内に投与可能な血栓溶解療法(t-PA治療)や血栓回収療法(カテーテル治療)に力を入れており地域の病院との連携に努めています。また、もやもや病などの小児期に発症する脳血管障害にも対応しています。
脳実質外の血管狭窄とは、放置すると脳梗塞を発症する危険性がある内頚動脈狭窄症などの疾患が含まれます。狭窄した血管を拡張する手術(内膜剥離術)やステント留置術(CAS)を脳梗塞に対する予防的治療として行うことがあります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

消化器内科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 78 2.45 8.79 0.00% 74.56
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 62 0.81 1.26 0.00% 66.61
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 6.70 10.05 16.22% 80.92
K654 内視鏡的消化管止血術 29 2.24 11.55 6.90% 75.69
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 28 3.29 9.61 7.14% 60.96

当科は静岡県肝疾患診療連携拠点病院に指定されており、肝炎・肝硬変・肝がんの患者さんがたくさん通院されています。肝がんに対して、薬剤溶出性ビーズによる最新のカテーテル治療やラジオ波焼灼療法などの低侵襲治療を数多く行っています。
また救急救命センターを有する急性期病院として、消化管出血に対する内視鏡的止血術や、胆管炎・急性膵炎に対する救急処置にも力を注いでいます。

内科(腎臓内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科)
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K610-3 内シャント設置術 113 11.29 12.80 6.19% 68.58
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの)
K9222ロ 造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植の場合)
K6261 リンパ節摘出術(長径3センチメートル未満)
K6262 リンパ節摘出術(長径3センチメートル以上)

内科(腎臓内科)
末期腎不全となった患者さんのほとんどの方は、血液透析を選択されるため、腎臓内科では血液透析を始めるための準備として内シャント設置術(手首の動脈と静脈をつなぐ手術)を行っています。他の腎代替療法を選択された場合は、患者さんの希望に沿えるように調整いたします。
また、慢性腎炎症候群などの腎臓そのものが病気に罹っていると考えられる状態で、比較的軽症の場合は、適切な治療法を選択するために腎生検(腎臓の組織を採取して調べる検査)を行っています。

内科(血液内科)
造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)(自家移植の場合)
比較的若年者(65歳以下くらい)の多発性骨髄腫や悪性リンパ腫の患者さんに対して、患者さんの末梢血より血液の幹細胞(血液を作るもとの細胞)を取り出して、大量化学療法(通常の10くらいの量)を施行後、幹細胞を点滴する事により、血液を作ることを補助して、安全に治療ができる治療法です。

循環器内科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 363 2.09 3.07 0.83% 69.69
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 106 1.75 2.98 1.89% 72.37
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 102 0.01 15.78 8.82% 69.97
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 54 1.39 2.93 0.00% 67.02
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 47 0.00 12.77 6.38% 69.62

日本の現状の少子高齢化社会が当院の立地する伊豆半島ではより顕著な傾向である。人口 は減少に転じても、この背景から心疾患症例は増加している。検査の結果で治療が必要となった場合、経皮的冠形成および外科手術を病態や長期成績及び患者背景等を科学的に十分検討して行っている。その結果で経皮的冠動脈形成術等による治療が多くなっている。

外科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 142 0.96 1.39 0.00% 67.49
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 80 2.11 3.46 0.00% 67.93
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 55 6.62 14.51 5.45% 71.00
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 53 3.47 4.17 1.89% 61.81
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 38 3.42 5.74 0.00% 69.63

当科では、大腸ポリープや早期大腸癌に対して、内視鏡的切除(EMR,ESD)を積極的に行っています。
ヘルニア手術は、前方アプローチ法や腹腔鏡手術を施行しています。
大腸癌に対して、腹腔鏡手術を積極的に行い、早期退院、早期社会復帰に務めています。
胆石症に対しては、腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く行っています。

脳神経外科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 76 1.13 9.68 14.47% 78.79
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 58 2.09 29.47 27.59% 61.29
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 35 5.54 27.86 11.43% 56.51
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 22 0.23 35.73 81.82% 66.95
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜下のもの) 19 0.26 43.68 68.42% 68.68

脳神経外科で行う手術のうち最も多い疾患が、慢性硬膜下血腫です。比較的高齢者に多い頭部外傷です。近年、抗血栓薬などの服用によりそのリスクが増大しており、それに伴い当院での手術症例の主要疾患に挙がっています。頭蓋な血腫除去樹のうち、脳内のものについては、高血圧等に関連する内因性疾患であり、硬膜下のものは外傷性急性硬膜下血腫が中心であり、外因性疾患に分類されます。

整形外科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K0821 人工関節置換術(肩)(股)(膝) 186 3.84 22.34 59.14% 68.88
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)(上腕)(大腿) 77 6.06 22.71 79.22% 74.70
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 45 4.00 17.76 22.22% 71.20
K0462 骨折観血的手術(前腕)(下腿) 39 4.56 7.87 20.51% 62.26
K0811 人工骨頭挿入術(肩)(股) 32 8.78 24.69 84.38% 83.41

手術件数での年間最多は股・膝関節疾患の人工関節手術、続いて長管骨の骨折手術、3位が脊椎疾患手術です。一日に受けられるリハビリテーション量が倍以上になる回復期リハビリテーション病床をもつ専門病院との提携を密にして、より早い社会・家庭復帰を目指しています。また、そのリハ病院の現場にも当科より医師派遣をして、アフターケアーをおこなっています。

心臓血管外科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 41 1.63 16.51 4.88% 74.93
K5551 弁置換術(1弁のもの) 36 5.31 28.69 5.56% 74.47
K617-2 大伏在静脈抜去術 30 0.67 1.00 0.00% 71.10
K5602 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(弓部大動脈) 14 4.50 82.79 14.29% 70.71
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 13 1.85 9.46 7.69% 73.69

いずれも心臓血管外科における手術症例数の多い疾患のランキングですが、診断群分類別患者数等に記載されているのは術後に重篤な合併症を併発しなかったものに相当し、診療科別主要手術別患者数等には重篤な合併症を併発したものを含んでいると考えると理解しやすいと思います。
ランキング上位の代表的疾患を例示すると、
1、 腹部大動脈瘤
2、 下肢静脈瘤
3、 心臓弁膜症(大動脈弁狭窄、僧帽弁閉鎖不全など)
4、 急性大動脈解離
などとなります。
重症例においてはリハビリも含めて当院で行わざるを得ないことも多く、平均在院日数が長くなっていますが、術後の回復が遅いわけではありません。患者の方々が納得する形で退院していただくのはもちろんですが、急性期病院の性質上、今後も早期退院に向けて努力するとともに患者の方々のご協力をお願い申し上げます。

呼吸器外科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 41 5.54 8.90 0.00% 40.66
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 39 4.13 15.77 2.56% 71.41
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 25 2.96 11.36 0.00% 71.20
K4962 醸膿胸膜、胸膜胼胝切除術(1肺葉に相当する範囲を超える) 14 8.50 17.71 0.00% 68.86
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの)

肺癌の患者さんは、高齢化し、殆どの方は循環器、紹介をはじめとして様々な合併症をお持ちです。当院のデータにおいても、71歳と高齢であり、このような状態にあって、今後は順天堂のような総合病院が力を発揮します。リスクの高い患者さんを他科と協力し、高い安全性で治療しています。

形成外科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K427 頬骨骨折観血的整復術 13 2.77 6.00 0.00% 50.38
K013-22 全層植皮術(25以上100未満) 11 8.00 10.64 0.00% 67.27
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 10 0.90 2.80 0.00% 43.10
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上,12cm未満) 10 0.90 4.10 0.00% 46.90
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(前腕)(大腿)(躯幹)

形成外科は体表外科、顔面外科とも言われており、良性から悪性の腫瘍の切除、その後再建手術が多い。また顔面では、頚部の骨折や鼻部、顎の骨折の治療も積極的に行っている。

眼科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 624 1.24 2.11 0.16% 73.92
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 258 1.60 7.44 0.00% 66.88
K281 増殖性硝子体網膜症手術 81 3.05 7.79 1.23% 61.51
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) 41 1.32 5.24 0.00% 67.51
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 36 1.97 6.58 0.00% 72.11

当院は、静岡県東部地区の基幹病院であるため、白内障手術のみならず、網膜剥離や増殖硝子体網膜症、黄斑前膜、黄斑円孔などの眼底疾患の入院が多くみられます。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 53 1.00 6.00 0.00% 15.66
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 39 1.38 5.82 0.00% 58.72
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 25 1.12 5.92 0.00% 67.04
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 20 3.25 5.85 0.00% 67.30
K4611 甲状腺部分切除術,甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 17 1.00 5.94 0.00% 59.00

内視鏡下鼻・副鼻腔手術では、術後処置を含め、約1週間で問題なく退院しています。患者の高齢化に伴い、糖尿病、脳血管障害、心疾患、腎障害などの合併、それに対するインシュリン抗凝固・血小板薬投与、さらには人工透析されているケースもあります。麻酔科、専門内科と連携を密にして、より安全な体制で周術期を管理しています。口蓋扁桃手術の一番多い術後合併症は、術後出血です。早期出血(手術当日の出血)のほか、晩期出血(術後5-6日目頃に創部のカサブタが取れる頃)がないことを確認して退院してもらっています。頸部リンパ節腫脹を来す疾患の種類は多いです。鑑別するために、皮膚切開を行いリンパ節生検が必要となります。表在のリンパ節は、局所麻酔でできますが、深部のものは、主要血管や神経と慎重な剥離が必要となりますので、全身麻酔で行う方が安全です。

脳神経内科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 16 15.25 20.50 62.50% 72.44
K386 気管切開術
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨)(上腕)(大腿)
K1491 減圧開頭術(キアリ奇形、脊髄空洞症の場合)
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術

胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む。)、気管切開術が必要な患者様には、耳鼻咽喉科または呼吸器外科と連携し安全に施行いたします。術後のフォローも引き続き当科を中心に行います。

皮膚科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 23 0.26 6.96 4.35% 79.87
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 12 0.17 2.42 0.00% 62.58
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上,6cm未満)
K0151 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術(25未満)
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)

入院実績上位疾患が悪性・良性皮膚腫瘍であることは、高次機能を提供する病院としては当然のことである。ただ、その内訳をみると、ほとんどの症例において入院当日に手術されていることが際立った特徴として見て取れる。これは、入院期間を可及的に短縮している努力を示す一方、局所麻酔手術が大半であることを同時に示している。では、全身麻酔手術を行っていないかといえば、むしろ重症悪性腫瘍については診断・評価を十全に下した後、形成外科と提携しつつ、学際的に対応、全身麻酔下の手術自体は形成外科が実施している。

泌尿器科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 73 1.66 6.21 0.00% 74.08
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 54 1.19 4.24 0.00% 56.70
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 36 1.03 1.08 0.00% 56.94
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 1.44 7.64 8.00% 65.24
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他のもの) 19 2.21 5.21 0.00% 71.00

膀胱腫瘍の経尿道的手術では、生理食塩水を灌流液とする最新の機械を用いている(TURis-Bt)。尿管結石においてはホルミウムレーザーを用いた経尿道的尿路結石破砕術を行っている(TUL)。腎尿管結石に関しては体外衝撃波結石破砕術も可能である(ESWL)。閉塞性腎盂腎炎においては、緊急で尿管ステントが留置できる。前立腺肥大症ではグリーンライト、およびホルミウムレーザーを用いたPVPとHoLEP手術が可能である。

産婦人科
Kコード 名称

平均
術前
日数
平均
術後
日数


平均
年齢
患者用
パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 173 9.97 6.20 0.00% 33.54
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 148 8.83 6.53 0.00% 32.74
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 135 1.64 5.91 0.00% 45.86
K877 子宮全摘術 133 1.68 6.43 0.00% 46.98
K861 子宮内膜掻爬術 92 0.20 0.15 1.09% 47.11

さまざまな合併症を伴ったリスクの高い帝王切開による分娩も24時間体制で積極的に受け入れています。子宮全摘術、子宮付属器腫瘍摘出術など多くの婦人科疾患に対する手術も行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 62 0.44%
180010 敗血症 同一 19 0.13%
異なる 47 0.33%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 98 0.69%
異なる 17 0.12%

重症外傷や手術による大出血、感染症が原因で播種性血管内凝固症候群(DIC)が合併することがあります。当院は、高度救命救急センターを併設しドクターヘリの基地病院も兼ねる全国でも数少ない大学附属病院であり、重症の症例も多く合併症の症例もありますがいずれも1%未満の発生率です。
「入院契機と同一」とは、入院した時に播種性血管内凝固症候群(DIC)と診断されている症例で、「入院契機と異なる」とは、入院時は別の診断で入院したが、その後に「傷病名」の疾患を併発した症例で、併発した「傷病名」の治療に時間を要する(医療費が多く必要となった)場合を示しています。

更新履歴

2017.09.27
平成28年度 病院指標を掲載しました。
2016.09.30
平成27年度 病院指標を掲載しました。