職業倫理

人ありて我あり、他を思いやり、慈しむ心、即ち「仁」。学是「仁」の精神で、病める方々中心の医療を大切にする。

  1. 職業の尊厳と責任を自覚するとともに、医療の知識と技術の習得に努め、その進歩・発展に尽くす。
  2. 医療を受けるすべての人に対し、医療安全と心の通った接遇による医療サービスを何より大切に、最新、最高の医療を提供すべく、順天堂人として全職員が最善を尽くすよう努める。
  3. プライバシーの尊重と守秘義務を遵守する。
  4. 互いに尊敬し、良き協力関係のもと、チーム医療の実践に努める。

臨床倫理

当院教職員は、医療を受ける人々の尊厳、人権に十分に配慮し、本指針に従って質の高い医療を提供します。

  1. 関係法規、ガイドラインを遵守し、治療を行います。
    1. 胎児診断、生殖補助医療(人工授精、体外受精、顕微授精、凍結解凍胚等)に関わるガイドラインを遵守します。
    2. 母体保護法を遵守します。
    3. 臓器移植に関わる法規を遵守します。
  2. 医療を受ける人々の権利、尊厳に関わる医療については、医学部倫理委員会等において審議を行い、治療方針を決定します。
    1. 安楽死、尊厳死、延命治療等の生命の尊厳に関わるもの
    2. 医療を受ける人々の信仰、信条に関わるもの
  3. 医療の発展のために積極的に臨床研究を遵守し、その実施においては病院倫理委員会、治験審査委員会において十分審議、検討を行います。