2013年 増刊号 メニュー

お産後の「むくみ」~足のむくみ、気になりませんか?~

妊娠中に引き続きお産後にも、多くのママたちが「むくみ」に悩んでいます。
「こんなにむくむとは思わなかった」「これじゃあゾウの足ですよね」
と特に足のむくみを気にされる声をよく聞かれます。そこで今回はむくみの原因とすぐにできる簡単な対処方法をご紹介します。

どうしてむくむの?

そもそも、「むくみ」は体の中の水分バランスが崩れたときに出てくるものです。妊娠中のママの体は、お腹の赤ちゃんに効率よく血液を届けるため、妊娠前と比べて血液の量が約1.5倍に増えています。それがお産によって羊水や出血など一度に多くの水分が体の外に出てしまうと、ママの体はバランスを崩し、必要以上に水分を溜めこもうとするため、それが「むくみ」となって出てきます。

また、授乳によっても体の水分が奪われます。母乳の分の水分を補おうとしてさらに体は水分を体に溜めこもうとします。そして、授乳中は足を下にする時間が増え、重力の影響で水分は足へと溜まります。さらにお産後の睡眠不足や疲れによってもむくみやすくなります。

このようにお産後は体から水分が奪われてしまうことが多いので、むくむからといって水分を控えてしまうのではなく、こまめに十分水分補給することが大切です。

すぐにできるむくみ対策

むくみの原因がわかったところで次に、むくみの予防・対策をご紹介します。

夜寝る時やお昼寝の際に足を高くして寝る

クッションなどを使って足を高くして寝ることで足に溜まった血液のめぐりを助けてくれます。

足浴で体を温める

足を足浴によって温めることで、血液のめぐりが良くなりむくみの改善に効果的です。
それと同時に全身がぽかぽかしてきてリラックス効果もあります。お産後約1ヵ月はどうしても入浴することができないので、お家にある大きめの洗面器にお湯を溜め、約10分足をつけてみてください。

市販のむくみ予防・対策靴下を使用する

薬局などにある市販のむくみ予防・対策の靴下を使用したり、当院で帝王切開でお産された方は、手術の際に使用したサージカルソックスを使用することも一つの対策になります。

産褥体操を行う

産後にお渡しするパンフレットにも載っていますが、適度にストレッチをしたり、体を動かすことで体の血のめぐりが良くなります。

むくみは生理的なものです、多くはお産後3週間でよくなってきます。

リンク