• 概要
  • Q&A
  • 窓口説明

概 要

お薬の受渡しについて

外来・入院処方は、処方オーダリングシステムというコンピュータを使ったシステムにより行われます。このシステムにより、患者さんの待ち時間を短縮でき、重複投与などのチェックや投薬ミスなどによる事故を未然に防ぐことができます。
お薬がどのように作られ、患者さんのお手元に届くのか簡単にご紹介します。

外来調剤(院内調剤)

1患者さんの症状に合わせて医師がお薬を処方します。

2薬剤科調剤室では、医師により入力された処方が処方箋として出力され、同時に薬袋・説明書も作成されます。

3『薬お渡し窓口』にて、「おくすり引換券」と交換で、お薬と説明書が患者さんに渡されます。

あなたのお薬の番号は?

1会計を済ませると領収書が発行されます。
この右側に「おくすり引換券」がついており、引換番号が入っている方はお薬が出ております。
(お薬のない方は、「薬無し」と印刷されます)

2『薬お渡し窓口』に設置してあります『投薬掲示板』にて、できあがりをお知らせします。

粉薬や一包化(服用1回分ごとに薬をまとめること)等は時間がかかりますので、
引換券の順番通りにできないことをご理解ください。

3「おくすり引換券」は領収書から切り離して頂き、『薬お渡し窓口』でお薬と交換となります。

お薬の受取りについて

薬剤科では、診察日から1ヵ月間、お薬を保管しております。
この期間内に薬をお受取りいただくようお願い致します。
ただし、風邪などの急な症状で薬が処方された場合は、直ちに症状にあった薬を服用することが大切です。

期間内にお受取りになれない場合は、薬剤科へご連絡をお願い致します。
ご連絡がないまま保管期間を経過した場合は、薬を処分させていただくことがありますのでご注意ください。

院外処方

1患者さんの申し出などにより、医師が院外処方箋を発行します。

2会計窓口にて院外処方箋が患者さんに渡されます。

3受取られた院外処方箋を「保険調剤薬局(かかりつけ薬局など)」へ提出し、お薬を受取ります。

  • 院外処方箋は外来受診時に担当医へ希望していただくことで交付することができます。
  • 当院では、下記事情を勘案し、院内調剤を基本としております。
    1. 病院の立地環境
    2. 大学病院故に特殊な薬剤も使用される
    3. 患者さん方の費用負担が少ない など
  • 複数の医療機関を受診されている患者さんには当院薬剤科では薬の相互作用なども判断できませんので、「保険調剤薬局」をご利用されることも有用だと思われます。

入院調剤

1各病棟にて、患者さんの症状に合わせて医師がお薬を処方します。

2医師により入力された処方に沿い、薬剤科調剤室にてお薬を用意します。

錠剤・カプセル剤は、飲み忘れ・飲み間違いのないよう1回服用分を1包にしています。
また、外来患者さんであっても、目の不自由な方、手の不自由な方などシートのままでは正しく服用することが困難な方には、1包化を行っています。