第55回 市民公開講座(手話通訳付き)

演題

関節リウマチの最新治療 ~適切な治療で「寛解」を目指しましょう~
講師:片桐 彰

順天堂大学医学部附属静岡病院
膠原病内科 准教授

開催結果

参加者:135名(一般113人、職員22人)

市民公開講座の様子

平成29年5月24日(水)午後5時30分より、第55回目となる地域住民等を対象とした市民公開講座『関節リウマチの最新治療 ~適切な治療で「寛解」を目指しましょう~』を当院第一会議室にて開催致しました。

膠原病内科 片桐彰 准教授が関節リウマチの診断や治療法、お薬の副作用等についてお話されました。また、関節リウマチのお薬は複数あり、様々な要素によって、患者さん一人一人の治療のアプローチが異なると説明されました。

講演の後半では、インターネットや雑誌などで悪質なお話が流れていることもあるので、そういった情報を見かけた際は、鵜呑みにせず、主治医の先生にご相談するよう呼掛けられました。

当日は135名の方にご来場いただき、大変好評な市民公開講座となりました。

  • 市民公開講座の様子
  • 市民公開講座の様子
  • 市民公開講座の様子
  • 市民公開講座の様子

リンク