外科 助手渡邉 武大

インタビューを読む

まず初めに2年間ご指導ありがとうございました!!
自分がこの病院で初期研修をした理由は先輩研修医のメリハリの良さに惹かれてたからです。 仕事をするときは情熱をもって取り組み、休みの日は全力で遊ぶ!こんなスタイルに憧れました。 働き始めてからは指導医の方が技術的な面はもちろん、医師としての心構えやありかたをミッチリ教えていただきました。 また、コメディカルの方も優しくアットホームな雰囲気の病院です。 静岡東部の最後の砦みたいな病院でもあるので他の病院では治療が難しい患者さんもたくさん来られるのでとてもやりがいがありますよ!是非一度病院見学にいらしてください!!

内科 専攻医松田 紘佳

インタビューを読む

私は静岡病院で2年間の初期研修を修了し、現在も大好きな静岡病院で内科ローテーションをしています。
他大学卒の私を温かく迎え入れてくださり、多くの先輩や指導医の先生方に熱心にご指導を賜り、医療手技や学会発表を含めたくさんの経験をさせて頂きました。医師として最も重要な期間であると言われている初期研修の2年間を、このような恵まれた環境で学べたことは、私にとって人生の宝物になりました。
是非、一度見学に来てください!各科の連携も良く、顔が見えるチーム医療が行われています。皆さんと一緒に働ける日が来ることを願っております。

内科 専攻医池田 裕至

インタビューを読む

私が静岡での研修を選択したのは大学病院でありつつ地域密着の急性期病院でもあるという点です。様々な疾患を学び、治療できるようにと順天堂の中でも静岡病院を志望しました。ここでの2年間は私の想像以上の物で、多くの先生方やコメディカルの方と仕事を通して疾患の治療だけでなく、医療者としての心構えを学びました。この病院での研修を誇りにこれからも医師として成長していきたいと思います。

内科 専攻医池田 恒基

インタビューを読む

私が初期研修に静岡病院を選んだ理由は、内科医志望としても三次救急も経験しておこうと思ったからです。交通外傷や重症肺炎などは研修医時代に経験しておかないと一生のうちで経験のないままになってしまうと考えました。
実際に研修医として勤務をしていく中でそのような症例を次々と経験していき、自分や周囲の経験値が上がっていくことを感じました。内科を専攻後も研修医時代の経験や勉強ノートが役立っています。ここでの研修生活は医療従事者としての一生物の経験ができたと思います。

耳鼻咽喉科助手佐藤 将盛

インタビューを読む

初期研修を選ぶにあたり、私は働きやすさをまず初めに考えました。初期研修とはいえ、医師として勤務する事に変わりはなく、患者さんや周囲のスタッフさんは皆、私たち医師が何年目であろうと同等に接してくださいます。まずはその姿勢、立場を理解し、社会人としてスタートすること。これが一番大切です。
順天堂静岡病院のスタッフは優しく、働く場としては最高です。そのような場で医療を初歩から学び、勉強できる環境は貴重です。その上、三次救急・地域医療・ドクターヘリという三拍子そろった有名な病院は本当に自分を育ててくれた貴重な宝です。医師として勤務する姿勢や症例、手技を学べて大変お世話になりました。

長崎大学 形成外科猪狩 紀子

インタビューを読む

私は他大学出身で知り合いもいない研修でしたので、最初は期待もありましたが上手くやっていけるかどうか不安も大きかったのを覚えています。しかし指導医の先生をはじめコメディカルスタッフの方々は分け隔てなく優しく熱心に指導していただきました。また、同期ともすぐに打ち解け合うことができました。3次救急病院で多くの重症・救急疾患や数多くの手技を経験でき、熱心な指導医のもと教育もしっかり受けることができました。有意義で充実した研修生活を送ることができ当院を選んで本当に良かったと思っています。2年間ありがとうございました。

耳鼻咽喉科助手賀屋 勝太

インタビューを読む

はじめに、自分がこの病院を選択した理由は、地域医療に特化した病院で研修したいと思ったからです。順天堂静岡病院は都心では少ない地域密着型の急性期の総合病院です。色々な科を回りましたが、1番多く学ぶことができた場所は救急外来でした。ここの救急外来は多忙で多彩です。お忙しい中、上の先生に色々教わって大変お世話になりました。
そして1年次は先輩と同期と、2年次は後輩2人と当直した日々は辛いときもあり、楽しいときもありました。これらは今後の人生の糧となることに間違いありません。
今後、耳鼻咽喉・頭頸科の医師としてこの地で学んだ多くのことを生かしていきたいと思います。

外科助手加藤永記

インタビューを読む

まず初めに2年間の研修ありがとうございました。
研修生活が始まって半年は医師の仕事に慣れるのに精一杯でした。静岡病院の先生方はそんな私を、時には熱く、優しく指導してくださいました。内科をローテーションし、内科の基本を学んだ後は、希望する外科に関連する科を自分で選択して回れ、非常に充実した研修生活が送れました。
また、研修する同期が多いことも病院の良いところで、これから進路の異なる同期の意見も聞け、今後気軽に相談できる環境を作れたと思います。
自分の人生の中で、最も楽しく忙しく、誇れる2年間の経験を糧にこれからもっと充実した医師生活を送ろうと思っています。

麻酔科助手山田愛

インタビューを読む

私は他大学出身であり、初めての病院、初対面の先生方や同期という環境に不安はありました。しかし、順天堂は出身大学の垣根がなく、みなさん分け隔てなく接してくださいました。研修医は全員同じ寮で生活しているということもあり、同期ともすぐに打ち解けることができました。
研修は初めてのことばかりで、もちろん辛いときもあります。温かいご指導をしてくださる先生方、励まし合った同期の存在があって、乗り越え成長できたと思います。
2年間ありがとうございました。

脳神経外科助手阪本 浩一朗

インタビューを読む

みなさん、こんにちは。
私は昨年度まで2年間この病院で研修し、4月から脳神経外科に勤務しています。
静岡病院は、静岡東部の広範囲をカバーする基幹病院で、積極的に1~3次救急を受け入れており、その最前線で活躍しているのが研修医です。この病院には熱く、優しく、時に厳しく指導してくれる上級医がたくさんおり、自分の技術や知識の進歩を実感しながら研修することができます。2年間の研修を終え、いま振り返ってみてもこの病院でよかったと、心から思える研修でした。
静岡病院での研修に興味を持ってくれたみなさん、一度見学に来てみてください!きっと目標にできる先輩医師に出会えるはずです。

眼科助手朝岡 聖子

インタビューを読む

点滴の手技もままならない、知識も全然足りない状態で始まった研修生活ですが、指導医の先生方を始め、病棟・外来の看護師さんやコメディカルの方々に支えられ、助けられて成長することができました。1年目は毎月研修科が変わり、バタバタとした毎日で疲れてしまうこともありましたが、その分、たくさんの患者さんや先生方に出会えました。2年目は将来の進路科を見据えて自由に研修科を選択させていただき、充実した毎日を過ごしました。悩んだ時には相談に乗ってくれる先輩や同期にも恵まれました。いつかまた静岡で医療に携わることができるように春から新しい環境で頑張っていきたいと思います。2年間本当にありがとうございました。