実際に研修してみて感じたこと

皆さんが、実際に研修をしてみて
感じたことを教えてください。

研修医1年目 島根大学 出身 酒井 千佳
酒井
私は内科からローテーションし始めて2か月目で、新しい科に慣れていく途中です。やっと、病院の中や業務のやり方が分かってきたかなという感じです。
研修医1年目 順天堂大学 出身 深瀬 裕之
深瀬
僕は4月に呼吸器内科を回ってみて、何より上の先生が優しいし、いろいろ教えてくれます。普段はコメディカル、看護師さんと接する機会が多く、皆さん優しいので準備をしたりするときに質問しやすいです。また、スタッフステーションの雰囲気が良いのが大きいと思います。
研修医2年目 順天堂大学 出身 岩本 敬
岩本
僕らは1年でかなり慣れたかな。
やっぱり先生との距離が近くて、質問しやすいし看護師さんも優しい。
看護師さんが優しいのが一番びっくりするところじゃないかな。大学病院なのに。
研修医2年目 聖マリアンナ医科大学 出身 巌 理華
酒井
確かに当直でも看護師さんはとてもよく教えてくださって勉強になっています。
私は他学出身なので、いろいろ病院見学してここに決めたけど、決めたのはやはり教えてくれる雰囲気があったからかな。
分からないことがあったら、コメディカル、先生に関わらず質問しやすいと思います。

1年目から自分の志望科を回れるようになっていますが、
進路に向かってどの様に取り組んでいきますか?

深瀬
自分は今のところ進路を呼吸器内科・耳鼻咽喉科・小児科で考えていて、1年目で3科とも研修する予定です。
やっぱり、1年目で自分の志望科を選択で1ヶ月取れるのは大きいですね。
特に必修以外で内科をもう一度選択できたり、他では選択できないマイナー科を選択できるのは良いですね。
2年目で進路を決めるとき、早い段階で決めていかなければならない診療科だと、この制度があるのは大きいと思います。
1年目で満遍なく研修して、2年目で自由のローテーションを組めるのは良いと思う。
酒井
本当に同意見で、私は元々内科志望ではないので、1年目で選択できる制度がないと自分の志望科(小児科・病理診断科)のうち、小児科は必修で回れるけど病理診断科は無理なので、選択科で選ぶことができて、勉強できる機会があるのは良いと思う。将来を考える上ではありがたいですね。
岩本
いろいろな科を回れるのは大学病院ならではだね。

2年目の先生方は4月から選択科の研修が始まっていますが、
早々に進路を決定する中、
1年目の先生に向けてアドバイスはありますか。

当初は小児科と救急診療科を進路として考えていたけれど、いろいろな科をローテーションして楽しくて自分の中で答えが変わっていきましたね。
また、2年目でローテーションを好きなように組めるから、研修科を選ぶのにギリギリまで迷えるし、早々に進路を決めればその科を重点的に回ることもできる。
やり方はいくらでも選択できると思う。
岩本
進路を決めるのは早めがいいと思う。2年目のローテーションを組むのが12月中旬位なので、結構早くから動きますね。進路は早めに決めておかないと2年目になってから変更するのは難しい。実際は変えられなくはないけど、内科系だとシーリングも関係するから、1年目が終わるくらいには自分の中でほぼ決定かな。厳先生は内科だよね。
そう。
岩本
じゃないと間に合わないくらいだよね。
深瀬
2年目の5、6月くらいには具体的な進路決定ですね。
岩本
そう。耳鼻咽喉科なんかも人気だからね。おそらく病理診断科は余裕あるかもだけど。
小児科も早いと思うから、1年目は必修ばかりでタイトだと思うけど、早め早めに動くといいと思うよ。 当直で自分の志望科の患者が来るから、そういう時に判断して良いなと思ったらその科を勉強してみる。そんな感じで決めた方が良いよね。
僕は初めから脳神経外科志望なので迷わなかったけど。

静岡病院のいいところ。
順天堂の後輩に向けて何かありますか。

岩本
いいところは、自然豊かでアウトドア、釣り・ゴルフ・テニスとかできて飲食がおいしいこと。
研修医は宿舎が一緒だから嫌なことがあったらお互いにフォローできるし、騒がしくても周りの同期が温かく受け止めてくれる環境にはなっているからね。精神的にもいい環境だと思うよ。
ワーク・ライフ・バランスはもちろん、この病院は手技を多く経験させてもらえるのが特徴的かなと思う。
本院から来た研修医が「こんなことまで経験できるんだ」と驚いていたから手技はさせてもらえる方なんだと思いますよ。
岩本
1年目は、まだあまり経験していないかもしれないけど、やる気さえあれば多分何でもできる。
深瀬
呼吸器内科を研修した時、元々志望と伝えたということもあるけど、早々に外来患者さんの胸腔穿刺の手技を指導下でやらせてもらったり、気管支鏡も現場でやらせてもらいました。手技はかなりやらせてもらえる方だと感じました。
岩本
普通は1年目の4月に気管支鏡はやれない、すばらしい。
うん、それは良い経験だったね。
酒井
実際、手技の機会をいただけるのはありがたいです。
「じゃあ、やってみて」ではなく側で指導してくれて、できないことが多いなか、丁寧に教えていただけるのがとてもありがたいです。本で勉強するだけでは分からないこともあるので、この環境はとても良いなと思います。

他学生へのアドバイスはありますか。

私は他学出身だけど、学閥感じないですね。
岩本
同じ大学出身の先生がいたら盛り上がってますね。
島根大学の先輩はいました?
酒井
以前は先輩にいましたね。今の研修医にはいないですが、なかなか地方大出身の先生には合わないけど、特に不便は感じないですね。不安だったのは入職当初のオリエンテーションくらいでしたね。
今はそんなこと感じないよね。
酒井
はい。
岩本
聖マリアンナ医科大学出身の先生は多いでしょ?
いますね。
見学の時から「うちは学閥ないよ」って聞いていたけど、実際無かったです。
岩本
順天堂大学でも感じませんね。