近畿大学 出身青沼 勇斗

静岡東部・伊豆半島を支える病院として

インタビューを読む

順天堂大学静岡病院は伊豆半島に位置する基幹病院です。伊豆半島のみならず、静岡県東部の患者さんが集まります。当院は3次救急病院であり、高度かつ専門的な治療を要する重症の患者さんから比較的軽症の患者さんまで、幅広い症例を経験することができます。大学の関連病院ながらcommon diseaseも学ぶことができ、市中・大学病院の間の非常に良いバランスの中研修を行うことができると思います。今も自らの力が及ばず悔しい思いをすることが多々ありますが、時に楽しく、そして実りのある研修が行える場所であると思っています。

順天堂大学 出身秋間 龍之介

静岡病院で研修を行うメリット

インタビューを読む

私が考える静岡病院で働くメリットとしては、大学病院でありながら地域に根ざした病院であること、様々な手技を経験させてもらえること、研修医を対象とした講義があること等様々ありますが、この1年間で特に良いと感じたのは若手医師同士の関係の良さです。 この病院には静岡病院で研修を行った医師が多く、職場で困ったことがあっても近くにいる上級医がこちらの事情を汲んでくれて助けてくれる場面が多いです。実際私も当時の研修医2年目の先輩や3,4年目の先生方にはかなりお世話になり、多くのことを学ばせていただくことが出来ました。 このように立場が近く、相談しやすい相手がいることは右も左も分からない現場で大きな助けになると思います。ぜひ静岡病院での研修を考えてみてください。

順天堂大学 出身池田 尚基

救急当直で得られる事

インタビューを読む

救急当直で得られるものは2つあります。walk in患者の対応と救急車やドクターヘリ搬送患者の対応です。walk in患者の対応では、研修医自ら患者に問診・身体診察を行い上級医にプレゼンし必要な検査などを決めていきます。検査後、上級医から画像の解説といった指導をうけ、患者さんへの説明などを行えます。また、救急車やドクターヘリ搬送患者の対応では、primary surveyを意識したwalk in患者とは全く違う迅速な対応が学べます。研修医として軽症から重症まで様々な症例や手技が経験できます。

順天堂大学 出身石井 悠也

手技を多くやらせてもらえること

インタビューを読む

静岡病院の良いところは、先生たちの指導のもとに様々な手技経験できるところにあると思います。自ら主体性を持って"やりたいです"と伝えれば、どんな手技でもしっかりした指導のもとで経験することができます。点滴ルートや採血だけでなく、CV挿入や胸腔ドレーン、気管挿管や縫合、外科系の診療科であれば執刀医を任せてもらえることもあります。周りで手技を見ているだけでなく、実際に自分で経験してみると新たな発見をすることが出来ます。研修医のうちに手技をたくさん経験したいという方は、是非1度静岡病院へ見学にいらしてください。

順天堂大学 出身石原 俊太郎

優しい気持ち

インタビューを読む

順天堂大学静岡病院のスタッフは仲良く雰囲気がとてもいいのが特徴です。 一般的に大学病院というとギスギスしたイメージがあるかと思いますが、当院は同業者に対しても患者さんに対しても思いやりをもって接しており非常に働きやすい環境です。 私自身も、医療の根源は人を思いやる優しい気持ちではないかと考えております。

順天堂大学 出身岩崎 有真

月に数回のレクチャー&レジデントアワー

インタビューを読む

当院研修では月に3,4回のレクチャーと年に数回のレジデントアワーがあります。 レクチャーでは、毎回テーマに沿って担当診療科の上級医が講義をしてくださいます。国試などの勉強とは違い、臨床に則した内容のことが多く、より実践的な知識を学習することができます。 レジデントアワーでは学会発表や症例発表をした研修医の先生が、あらためて他の研修医の先生たちに同様の内容をプレゼンし、全員で症例を検討していくというものです。静岡病院ならではの症例やレアな症例も多く、非常に勉強になります。

順天堂大学 出身岩本 敬

三次救急医療施設としての心構え

インタビューを読む

私が所属している順天堂大学医学部附属静岡病院は、静岡県東部地域の“最後の砦“と呼ばれています。名前の通り、軽症な患者から超重症な患者まで多様な患者が毎日搬送されてきます。救急外来では、医療チームの一員として研修医は働きます。初めはわからないことが多く、自分で考える暇さえもありませんでした。しかし、このような環境下でも上級医の先生方に優しくご指導いただける環境がここにはあります。日々上級医からフィードバックを頂き成長できる環境があります。”かわいい子には旅をさせろ”ということわざがある通り、厳しい環境に身を置くことで自分が成長できるそんな環境がある素晴らしい病院です。

聖マリアンナ医科大学 出身厳 理華

3年目を見据えて

インタビューを読む

研修医1年目でまんべんなく科を回り、2年目では好きなようにローテーションを組めるところが順天堂大学の強みだと思います。 研修医のうちに興味のある科を重点的に回り、同期と差をつけるのも良し。あえて別の科を回って知識を深めるのも良し。 志望科が決まっている方もギリギリまで悩みたい方も、順天堂で答えを見つけてみては?

聖マリアンナ医科大学 出身桐山 雅通

すごいぞ!ドクターヘリ

インタビューを読む

順天堂静岡病院の大きな特徴のひとつであるドクターヘリは、陸路では搬送に時間がかかる場所での救急要請があっても、迅速に患者さんの下へと医師・看護師が行くことができ、伊豆の救急医療になくてはならない存在です。 当院のヘリ出動数はなんと全国2位(2018年度)!しかも、研修医1年目から同乗実習もあり、決して他院ではできないような大変貴重な経験ができること間違いなし!ぜひ一度、当院の見学にいらしてみては!?

順天堂大学 出身五島 孝幸

大学病院と市中病院の特徴を兼ねる!!

インタビューを読む

順天堂静岡病院は大学病院の特色として大学で研究されてきた上級医指導医より週1回ほど直接レクチャーを受ける機会があったり、手厚い指導のもとで学会発表なども積極的に行っています。 市中病院の特色としては救急外来や病棟において研修医がやれる手技が豊富であったり、各科の垣根が低くとても働きやすい環境であることが挙げられると思います。

順天堂大学 出身榊原 万佑子

女性医師だから出来る事

インタビューを読む

当院は女性の研修医が少なめで不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし女性研修医は少ない分患者さんにすぐに覚えてもらえたり、若い女性の患者さんに話しやすいと言っていただけたりすることもあり、働く上で困るようなことは特に無いと思います。 またプライベートでも男女分け隔てなく仲の良い病院だと思います。女子の皆さんもぜひ静岡病院で充実した研修をしましょう!

順天堂大学 出身坂本 祐史

病院全体を見渡して

インタビューを読む

順天堂大学静岡病院は職員間のコミュニケーションが活発な病院です。他の診療科の医師と意見交換をする機会が多く、診療科間の連携がとれている点は当院の強みの一つであると言えます。コメディカルの人たちともコミュニケーションをとりやすい雰囲気があり、分からないことがあれば近くにいるスタッフに気軽に聞けるため、研修医にとっては働きやすい環境であると思います。

順天堂大学 出身鈴木 隆太郎

伊豆(観光地)ならではのメリット

インタビューを読む

順天堂大学静岡病院は伊豆長岡の温泉街にあるため、観光地ならではの症例なども多く経験できます。また海なども近くにあるため、余暇の過ごし方については多くの選択肢があり、仕事の疲れをリフレッシュ出来ます。 2年間の研修生活を送る上で、仕事と私生活を充実したものにしたい方はぜひ静岡病院にいらしてください。

順天堂大学 出身須田 汐織

女性医師としての働きやすさ

インタビューを読む

女性であるからこその、キャリアと私生活に関する悩みを持つ方は多くいらっしゃると思います。社会人一年目の場となる初期研修病院を選ぶ際、その環境はその後の働き方に影響を与えるものであると思います。当院で働く女性医師の中にはママさんドクターで時短勤務をしている方、当直の回数を調整した勤務の方などたくさんおります。自分のキャリアプランを考える際には、多くの選択肢を検討できる当院での研修は魅力的であります。

順天堂大学 出身宗田 昂己

静岡病院をよく知る一番の方法

インタビューを読む

順天堂大学静岡病院はwebでの説明会を定期的に行っており、研修医の声を直接聞く事ができます。ただ、やはり一度直接見学に来て頂き実際の現場の雰囲気を感じていただくのが一番だと思います。医師に限らず職場全体でフレンドリーで和やかな雰囲気で気軽に質問しやすい環境ですので、少しでも興味をもたれた方は是非見学にいらしてください。

宮崎大学 出身髙田 隆治

自ら主体的に動く

インタビューを読む

当院の研修は、自身の熱量により調節のきく環境となっています。手技がしたい、学会に出たい、論文を書きたいなど希望を伝えることで、上級医の先生方はそれに応えてくれます。また同期の中でも、決められた当直だけでなく、自ら当直に入り、研鑽を積んでいるのをよく見かけます。主体的に動くことで得たものは、身につきやすく、忘れにくいです。是非静岡病院で楽しく研修しましょう。

順天堂大学 出身田嶋 俊彬

当院の周産期プログラム

インタビューを読む

当院の周産期プログラムは、一年目の選択科が産婦人科、小児科、新生児科の中からの選択になる点、救急科が二ヶ月間となる点が基本プログラムと異なっております。 他院との違いとして、あまり基本プログラムとの差異がないという大きな違いがあります。もちろん二年目に志望科を長期に回ることが出来ますが、関連する科を自由に回ることが出来るため、様々な角度からその科を知ることが出来ます。 また、地域医療で静岡県立こども病院を選択することができるため、地域病院とのつながりを体感することが出来ます。

順天堂大学 出身立林 優祐

ワークライフバランス

インタビューを読む

どの科を回っても休日は確保されているため、メリハリをつけて業務に取り組むことができます。現在はコロナ下で難しいですが、業務終了後には上級医の先生たちと親睦を深めるために食事に連れて行ってもらえることも多く、より業務がやりやすくなる環境があることも特徴の一つです。日曜日や祝日には釣り、ゴルフ、ダイビング、温泉など地域ならではの楽しみ方を満喫することができます。御殿場アウトレットもあるため、ショッピングも楽しめます。また、当直明けは早めに帰宅できるため、無理なく業務を続けることができます。

順天堂大学 出身哲翁 直之

豊富な症例数

インタビューを読む

一年間、静岡病院で研修を行い印象に残っている症例が2つある。 腹痛を主訴に救急搬送されて来た方が、実はPCP,PTEであった一例。ACE阻害剤内服中の咳嗽を主訴に受診され、副作用と思っていたが検査したところ肺に腫瘤影を認めた一例である。当院の救急外来にはunderestimateすると痛い目を見る症例が数多く集まる。

順天堂大学 出身寺井 雄一朗

静岡病院の待遇の良さ

インタビューを読む

静岡病院の待遇は非常によく、生活にはほとんど困らない額のお給料をいただくことができます。さらに、研修医寮に入寮した場合は家賃補助が出て高熱費なども一切かかりません。なので、金銭面の心配はせずに静岡病院にぜひとも就職していただけたらと思います。

順天堂大学 出身東村 奎

自由な診療プログラム

インタビューを読む

順天堂静岡病院での研修プログラムは1年次では決まった診療科をローテーションしますが、1か月ごとに切り替わるため、慣れるのは大変ですが非常に多くの診療科を回ることができます。さらに、2年次は関連病院を含めた全ての診療科を希望に沿って自由に決めることができます。自分は診療科が決まっていなかったのですが、1年の時にほとんど全ての内科を回ることができ、自分の将来の進路についてじっくりと吟味することができました。2年目では志望科に沿って学びたい科を含めて自由なローテーションを組むことができ、とても満足しています。

順天堂大学 出身中原 直人

指導医からのサポート体制

インタビューを読む

当病院では指導医に相談しやすい環境にあると感じています。日常診療で困ったことがあれば気軽に相談しやすく、プレゼンの指導も受けることができ、本人のやる気さえあれば学会発表にも通用するものを作る事ができます。また、手技の指導においても手とり足取り教えて頂けるだけではなく、最終的に一人で行えるように段階を踏んで教えて頂けます。このような当病院のサポート体制には魅力を感じています。

センメルワイス大学 出身濵田 通果

アットホームな雰囲気が魅力的

インタビューを読む

この病院の良い所は、若手からベテランの先生まで常に幅広い層の先生が所属しており、上級医の先生方ととても話しやすい雰囲気であるところだと思います。診療についての相談だけでなく、自分自身の進路相談などにも親身になって聞いてくれて、とてもありがたいです。また、看護師さんやコメディカル・他のスタッフとも皆仲が良く、病棟で外来でもとてもアットホームな雰囲気で研修することができます。

順天堂大学 出身福原 啓史

求められる人間力、それを得られる環境

インタビューを読む

順天堂静岡病院には静岡東部では最大規模の三次救急病院で数多くの診療科があり、それ故にあらゆる症例が集まります。各科には若手~ベテランの先生まで幅広く5人~15人前後所属しており密接に連携しながら日々の診療をしています。何かを経験したいと希望すれば指導体制が手厚い中、最前線で触れるチャンスがたくさんあり、臨床研修をするには最高の環境だと思います!

埼玉医科大学 出身藤井 宗孝

指導医との良い距離感

インタビューを読む

当院の先生方は優しい方が多いと感じております。日常業務の中で分からないこと、患者さんのことや志望科のことでも相談しやすいです。疑問に思ったことを聞きやすい環境があります。他科を研修していても知り合いの先生が多いためコンサルトをしやすいことも良い点です。現在の状況では飲み会や御飯会、レジャーに誘ってもらうことは難しいですが、さらに親睦を深める機会は多くあります。良い距離感を持って仕事ができることは研修することにおいて大事だと思います。

岩手医科大学 出身藤岡 靖彦

他学生でも大丈夫!

インタビューを読む

題名でわかるように私は順天堂大学卒業ではありません。入職当時は不安な面もありましたが、全く不都合なく有意義な研修生活を送っております。何かわからないことがあった場合は同期の研修医や上級医の先生方に聞いても何一つ嫌な顔せず受け答えしてくれます。この病院で研修でき幸せに思っております。皆様も是非順天堂大学静岡病院で働いてみてはいかがでしょうか!!

順天堂大学 出身松本 圭司

熱心な指導体制

インタビューを読む

順天堂静岡病院では熱心な指導体制が引き継がれています。指導医の先生方との距離が近く、分からないことなどはすぐに教えてもらうことができます。また、1年目の先生には各々2年目のお世話係が付いており、右も左も分からない頃でも安心して仕事をすることができます。

聖マリアンナ医科大学 出身松本 崇宏

上級医師との関係

インタビューを読む

静岡病院は大学病院でありながら市中病院のような雰囲気があり、上級医との距離はいい意味で近いと思います。そのため困ったときは気軽に相談できる雰囲気があります。私は順天堂出身ではありませんが、出身関係なく非常に丁寧に指導していただきました。また、プライベートでも仲良くなれた上級医もおり、仕事も私生活も充実した研修生活を送れています。静岡病院が気になった人は是非見学に来てください。きっと気に入ってもらえると思います。

順天堂大学 出身若山 一生

実践的で充実した研修

インタビューを読む

研修先の病院を決めるにあたって、研修医がどこまで診療、治療に参加できるかを重視する方が多い一方で、その環境に自分が立たされた時の不安が皆さんの中にあると思います。静岡病院は、上級医、2年目の研修医、コメディカルとみんな優しく、分からないからと言って見学となるわけではなく、丁寧な指導の下、経験を積むことができる環境です。ぜひ一度見学にきて、この静岡の雰囲気を感じてみてください。

順天堂大学 出身阿部 央聖

初期臨床研修に臨むにあたって

インタビューを読む

初めまして。阿部央聖と申します。初期臨床研修は、医学部の実習や座学で学んだ知識を実践できるだけでなく、臨床の現場でしか学びえない知識や経験を得ることができる貴重な期間だと考えております。順天堂大学医学部附属静岡病院は、多くの患者さんと関わることができると伺っております。一人でも多くの患者さんと関わりたいと願うと同時に、担当させていただく症例を通じて得る貴重な経験を積極的に吸収していきたいと思います。そのためにも、患者さんとは信頼関係を、医師、看護師をはじめコメディカルの方々とは良好なチームワークを築けるようなコミュニケーション能力を高めていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

順天堂大学 出身飯田 優輝

初期臨床研修に向けて

インタビューを読む

私が初期研修でやりたいことは、第一に医師として自立して診療できるようになるため、プライマリ・ケアをはじめとした多くの症例を経験し、診療の知識、技術を高めることです。各種手技を多数習得し、患者さん、病院に貢献したいと思います。第二に、チーム医療を実践するため、他のスタッフと意思疎通を図り、医師としてリーダーシップをとれるように自分を磨いていきたいです。これらを通して、患者さんの信頼を得られる医師を目指します。

順天堂大学 出身遠藤 翼

初期研修の抱負

インタビューを読む

初期研修は、今後どの診療科に進むとしても必要となる基本事項を習得する期間だと思っています。医学知識、手技は当然として、他職種との接し方やカルテの操作方法など、あらゆる知識が不足しています。まずは医師の仕事に慣れて、チームの一員として働けるよう頑張りたいと思います。また、少ない期間ではありますが様々な診療科を経験することが出来ます。初期研修後の進路を決めるために、ローテーションする全ての科に興味を持って挑戦していきたいと思っています。一日でも早く一人前の医師として扱っていただけるよう、努力したいと思います。

順天堂大学 出身大久保 樹

不断前進

インタビューを読む

入学してからあっという間に六年間が過ぎ国家試験を乗り越え、私は四月から研修医になります。国家試験を合格するために、commondiseaseからrarediseaseまで多くのこと学び合格を勝ちとりました。しかし、実際の臨床では多くの場面で苦労することがあると思います。そこで私は、めげずに一つずつ着実に手技知識を身につけていきたいと思います。また、一つのことを身につけても満足せずそのさらに一歩先まで身に付けられるように頑張っていきたいと思います。二年間よろしくお願いします。

順天堂大学 出身大塚 隆弘

良医となるために

インタビューを読む

私は順天堂大学医学部附属静岡病院での臨床研修で身につけたいことが2つあり、まず1つ目は医師としての基本的な知識と手技の獲得です。2年後にどの診療科に進んでも恥ずかしくないような、医師として身につけるべき技術を会得したいです。私は順天堂生でしたので、静岡病院での熱心な指導を学生時代に目の当たりにしてきました。ぜひ私もその指導を厳しく受けて成長したいです。2つ目は地域医療です。私は将来、地元での地域医療に携わりたいと考えているので、静岡の地でそれを身につけていきたいです。以上の2つを踏まえながら、自分に厳しく2年間を過ごし、静岡病院に微力ながら貢献していきたいです。

順天堂大学 出身喜古 博之

静岡病院での研修への意気込み

インタビューを読む

研修医1年目の喜古博之と申します。順天堂大学出身で、附属病院である静岡病院で研修できることを大変嬉しく思います。コロナ過で大変な世の中ですが、このような状況下にいることを成長の糧として、この時期だからこそ学べることや経験できることを積極的に吸収し、将来に役立てたいと考えています。「自らの知識と経験で医学界に貢献する」という目標を実現させるために、日々成長を実感できる研修医生活を送っていきたいです。また、研修医仲間と切磋琢磨しながら医師として、そして社会人として成長できればと思います。未熟な私ですが、よろしくお願いいたします。

昭和大学 出身北田 裕樹

静岡という地で医療を担う

インタビューを読む

私は医師として診断から治療までのプロセスを首尾一貫して行うことができるスキルを身につけたいと考えております。患者さんに対して誠意を持って向き合い、幅広い視野を持って診療をすることができるように日々研鑽を積んでいきたいと思います。私は救急や外科系を志望しており、研修医の2年間を通じて自分自身を成長させると共に自分が興味ある科を見つけ進むべき道を決定したいと思います。医師として1人前になり、研修医としての日々を楽しむことができるように自主性を持って望みたいと思います。静岡という地で医療を担うという誇りを持っていきます。

佐賀大学 出身栗山 充

静岡病院での研修に向けて

インタビューを読む

私は初期研修の期間は様々な診療科で研修を行うことで、それぞれの科の専門の先生から直接多くのことを教えていただける大変有意義な期間であると考えています。そこで初期研修の期間は常に学ぶ姿勢を持ってより多くのことを積極的に経験し、知識や技術などたくさんのことを獲得そして吸収していきたいです。順天堂大学医学部附属静岡病院での研修を通して一人の医師としてより大きく成長しより信頼される医師となることができるよう常に努力していく所存です。

順天堂大学 出身後藤 直

研修への意気込み

インタビューを読む

この度、順天堂大学附属静岡病院にて初期臨床研修をさせていただくことになりました、順天堂大学出身の後藤直と申します。 初期臨床研修では自ら進んで多くのことを学び、経験を重ねていくことで、今後必要とされる様々な手技や、患者さんの痛みや不安に寄り添う医師としての心構えを身につけていきたいと思っています。 2年間、共に研修する仲間たちと切磋琢磨し、互いに高めあっていきたいと思います。はじめは至らない点も多いと思いますが、ご指導よろしくお願いいたします。

島根大学 出身酒井 千佳

御縁に感謝して

インタビューを読む

この度、多くの御縁に恵まれて、順天堂大学医学部附属静岡病院に入職させて頂けることを嬉しく思います。これから伊豆の地で出会う新たな御縁を大切にしながら、医師として成長し続けていけるよう日々研鑽を積んで参りたいと思います。 また、私は他大学出身で、日本海側で6年間学生生活を送っておりましたので、生活環境も大きく変わることになります。伊豆での生活に早く慣れ、伊豆の良い所を沢山発見できたらと思います。 未熟者ではございますが、初心を忘れず精進していきたいと思いますので、2年間宜しくお願い致します。

順天堂大学 出身坂本 怜

静岡病院での研修への意気込み

インタビューを読む

国家試験を通し、頭ばかりが大きくなっていく学生の一人でございましたが、状況が状況のため、最後に経験した臨床実習もオンラインであり、頭だけの肥大は加速するばかりでございました。かねてより、静岡病院は順天堂のどの附属病院より実践的な知識と経験を積極的に得られると伺っており、研修終了時までに、使える医師になれるよう、努力していきたいと思っております。大変な状況下で、すぐにでも使える研修医が欲しいことかと思われますが、自分はとてもじゃありませんが未熟も未熟でございます。どうか、ご指導の程、よろしくお願いします。

順天堂大学 出身佐野 永輝

研修への意気込み

インタビューを読む

私は4、5学年でのポリクリや2回の説明会を通して、優しく、ユーモアに溢れる初期研修医の先生や忙しい時でも懇切丁寧に指導して下さる先生方と出会い、ぜひこの病院で研修をしたいと5年次の頃より思っておりました。加えて適度に都心から離れており、勉学に集中出来る環境は勿論、ドクターヘリを有し静岡県東部の広域医療を担っていることから、研修医のうちに非常に多くの疾患に触れることができ、かつ多くの手技や技術を学ぶことができる所が私にはとても魅力的でした。これから同じ病院で学ぶ仲間と共に切磋琢磨し、互いに高め合うことで、医師としての始めの2年間の研修を実りのあるものにしていきたいと心より思っています。

順天堂大学 出身佐野 瑞樹

将来の選択肢を広げる2年間

初期研修にむけて

私は2年間の初期研修を通して、自ら考え、率先して行動する事が出来る医師になりたいと考えております。 今までは医師国家試験に受かる為の知識を机上でインプットする勉強が主でした。 しかし、医療は実践してこそ成り立つものです。 積極的に医療へ参加する事で学んだ知識をいかにしてアウトプットするか、また、患者さんに寄り添った医療をどのように提供する事が出来るかを日々学びたいと考えています。 私はまだ、将来何を専門とするか決めていませんが、この2年間、自己研鑽に励む事で、今後の選択肢を広げる事が出来るような初期研修にしたいと考えています。

順天堂大学 出身四藏 祥吾

初期研修に向けて

インタビューを読む

2年間、静岡病院でお世話になる四蔵祥吾です。よろしくお願いいたします。私は外科医になりたいと考えています。外科的な手技の習得の近道だと感じたことが静岡病院を研修先として選んだ理由です。しかし、手技の習得だけを目指すのではなく、医師としての心構えや患者さんとの関わり方などたくさんのことを吸収し続ける2年間にします。コロナ過で初期研修が始まることは不安でいっぱいですが精一杯頑張ります。よろしくお願いいたします。

杏林大学 出身鈴木 雄大

静岡病院での研修への意気込み

インタビューを読む

私は大学時代は都心で生活をしてきました。元々は静岡県出身ということもあり、静岡という土地で医師として貢献し勉強をしていきたいという思いから、静岡病院での初期臨床研修は心から楽しみであります。今までは本やインターネットでの勉強が多くを占めていましたが、ここからやっと臨床の現場に立てるということでより一層責任感をもち、また1日1日を大切に過ごし、日々精進することで患者さんにより良い医療を提供できるように学んでいきたいと思っています。

順天堂大学 出身高橋 旭翔

決意

インタビューを読む

症例数豊富な当院ではcommon diseaseから希少疾患まで多種多様な疾患に日々、触れられると考えており、医師としての基礎から最先端の医療まで学びたいと思います。また、手技などもたくさん経験させてもらえるため、将来希望する科で早速一人前の働きができるよう日々精進していきたいと思います。当院での2年間を通じて素晴らしい仲間や指導医の先生方との出会い、医師として、また一人の人間としての成長が楽しみです。

東邦大学 出身武田 尚明

私が医師になるまでの道のり

インタビューを読む

ようやく私は医学部を卒業し、何とか医師国家試験も終わらせる事ができました。高校時代から今にかけて、上手くいかない事が多く何度も失敗をくり返しました。医師になるという目標に対して、最短距離で真っ直ぐに歩んでこられたかというと、そうではありません。見えない何かに悩み、色々な所を歩む中で目標を見失いかけたり、歩みをやめそうになったりする事もありました。けれども、そんな自分を前向きにさせてくれる仲間や、道を示して下さる先輩方、そして家族の応援に後押しされて今があります。今後は医師として、これまで自分が支えてもらったように、一人でも多くの人の支えになれればと思っております。皆様、どうかよろしくお願い致します。

順天堂大学 出身長井 浩二

決意

インタビューを読む

新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、医師として患者に寄り添うことの大切さを痛感した。一方で、それだけでは医師という存在の意味がない。医学的知識や診療経験があるからこそ、正しい情報の発信や誤った情報を訂正することができる。そしてそのためには正しい知識を獲得していかなければならないが、これはもちろん感染防御の点だけにおいてではなく、後々自分の頼るところとして様々な経験を積んでおく必要がある。貪欲に知識を獲得し手技に習熟していくという姿勢が、今後の自分にふさわしい。私は研修医として主体的に学び取っていくとともに患者さんにとって最もよく接する医師であるという立場から、情熱を持って医療にあたりたい。

順天堂大学 出身中森 惟人

研修への意気込み

インタビューを読む

私は初期研修の2年間で、実際の臨床における基礎的知識と手技を身に付け、積極的に患者さんと接することで、「患者に寄り添った医療」を提供するにはどうすれば良いかを少しずつ学んで行きたいと考えています。今までは、国家試験に受かることを目標とした勉強が大部分であったので、それを臨床現場で使えるものに昇華させたいです。まずはカルテなどの日々の業務、採血やルートなどを早く習得できるよう、日々取り組んで行きます。コロナ禍は続くことが予想され、不安な気持ちもありますが、医者としての第一歩を踏み出せることを嬉しく思います。これから、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。

順天堂大学 出身根上 拓也

静岡病院での研修への意気込み

インタビューを読む

私が静岡病院を選んだ理由は、研修プログラムの自由さと手技がたくさんできることです。静岡病院は内科を1ヵ月単位で回ることができるため、より多くの科の症例を経験することができます。私は静岡病院での研修では、患者さんの言葉に耳を傾けて少しでも不安を解消し、正確な診断へと導けるような問診をする能力を身につけたいと思います。また、多くの症例が経験できる恵まれた環境の中でたくさんの手技を身につけられるように研修していきたいです。

福岡大学 出身橋川 武史

初期研修の意気込み

インタビューを読む

私は初期研修の二年間で、医師としての心構えを学び、将来専門とする診療科にかかわらず、基礎的な診療能力を身につけなければならないと考えています。そのためにはcommon diseaseや救急を中心に多くの症例を経験し、仲間たちと切磋琢磨しながら、自分を高めていきたいと思っています。一日でも早く世のため人のために尽くすことのできる医師になれるよう、精一杯頑張ります。

順天堂大学 出身深瀬 裕之

一つ一つを大事に

インタビューを読む

はじめまして。順天堂大学静岡病院初期臨床研修医一年目の深瀬です。 医師国家試験に合格した今、これから社会人として、また、初期臨床研修医としても期待半分・不安半分といったところです。 自身の力不足を理解した上で、これからは当院で学び、手を動かし実践する機会を逃さずに自身のレベルアップを図りたいと思います。二年間と短い期間ですが、一日でも早く患者さんに信頼してもらえるような医師になれるように、日々努力していきます。

順天堂大学 出身宮谷 和樹

2年間の目標

インタビューを読む

医師として実際に現場に立つことで、今まで医学生として座学や臨床実習で蓄えてきた知識を本当に使える知恵としたいと思います。また、一医師としての責任をもって、思いやりを忘れずに医療に携わり、患者さんが心身共に健康な状態で退院できるように頑張ります。伊豆半島の中核を担う病院ですので、地域の方々との距離も近いものになると思います。伊豆半島の方々が健康かつ幸福な生活を送るお手伝いができるように、思いやりを持って対応し日々精進します。

順天堂大学 出身山田 瑛文

初期研修で行いたい事

インタビューを読む

私は再受験で順天堂へ入学しており、更に六年時に留年している為、他の研修医より医業をスタートするのが大きく遅れている。しかしながら、その分医師という職に対して強い想いをもっている。又、他の方と比べ、沢山の人種とふれあってきた。その結果身につけたコミュニケーション能力を用いて楽しい2年間にしたいと考えている。アカデミックな面に関しては、救急時の対応や広い知識を初期研修にて手に入れ、後期では自分の志望する科に活かせるようにしたいと考えている。2年間よろしくお願い申し上げます。