学校法人順天堂 理事長
(第9代堂主)
小川 秀興

順天堂大学医学部附属静岡病院のホームページにアクセスしていただき有難うございます。

「順天堂」の歴史は天保9年(1838年)初代堂主 佐藤泰然が江戸に蘭方塾を開いた時に遡ります。そして医療機関を併設した西洋医学の医療機関として、日本で最も長い歴史と伝統を持っています。
「順天堂」は開学以来、「不断前進」を理念にたゆまぬ前進と改革を続ける一方で不易に守り通してきた精神があります。”天の道、自然の摂理に従う”こと「順天」の精神です。「不断前進」の理念と「順天」の精神こそが新しい医療への道を切り開き、さらに地域へ密着した医療を目指すためには必要不可欠なものであると確信しています。

順天堂大学静岡病院は1967年4月1日順天堂大学医学部附属病院として発足し、1981年には救命救急センター・新生児センターを併設しました。現在病床数577床で、すべての診療科を持つ医学部附属の総合病院です。

私達は本病院の発足以来、伊豆半島を含む静岡東部地区のできるだけ多数の患者さんに高度の医療が提供できる様日夜努力を重ね、幸いにして高い評価をいただいております。特に当院の救命救急センターは静岡県東部地区最大の救命救急センターとして40床の許可をいただき、広域の救命救急医療の中心的役割を果たし続けて参りました。新生児センターも開設以来25年を経ましたが、日夜大変な労力を注入してきました。総合周産期母子医療センター・地域がん診療連携拠点病院・静岡県肝疾患診療連携拠点病院の責務も新たに加わりました。多数の専門医師、救急専門看護師、放射線技師、臨床検査技師、薬剤師などが救急医療チームを組み、24時間いかなる救急医療にも対応できる体制が整っています。医療に対する要求も時代とともに多様化しています。当院では高度救急医療に加え、高齢者医療、小児新生児医療、各種専門外来の充実を計っておりますが、医療安全対策、病病・病診連携にも取り組んでおります。

私達は順天堂創立時からの不変のテーマ”健康の追求”と”不断前進”を引き続き掲げ、そして「順天堂」の堂号にも示されるように”品位を重んじ正道を歩む”ことを決して忘れることはありません。順天堂大学静岡病院に対し地域社会の要請が続く限り、医学部附属病院として”診療・教育・研究”の3主要課題に取り組み、最先端の医療「きめ細かい、手作りの医療・看護」を地域の皆様に提案し続けられるよう、私共はじめ、診療部・看護部・事務部の教職員が一丸となって努力していく所存であります。

学校法人順天堂 理事長 小川 秀興

順天堂大学医学部附属静岡病院 院長
三橋 直樹

順天堂静岡病院は旧伊豆長岡町の町立病院を昭和42年に学校法人順天堂が引き継ぐかたちで発足いたしました。最初は94床の小規模病院でしたが、徐々に患者さんの数も増え、それに伴って病床数も増加し、現在は577床の静岡県東部では最大規模の病院となっています。これも順天堂静岡病院を応援して下さった多くの関係者のおかげであると感謝しております。

順天堂静岡病院は当初から医療の本質は救急医療にありとの信念から救急診療に力をそそいできました。昭和56年には救命救急センターが発足し、その1年後の昭和57年には未熟児医療を専門に行う新生児センターが完成しました。また平成8年には地域の防災の拠点の一つになる災害拠点病院に指定され、平成16年に静岡県で2機目となるドクターヘリの運行指定病院となっています。平成10年に現在のA棟の完成とともにほぼすべての診療科を擁する総合病院となり、平成19年には地域がん診療連携拠点病院に、翌平成20年には総合周産期母子医療センターに指定されました。

順天堂大学の中心は言うまでもありませんが東京の文京区本郷にあります。この文京区は順天堂のみならず東京大学医学部、東京医科歯科大学、日本医科大学など最先端の大学の附属病院があり、それぞれ知識と腕を競っています。日本の医学のメッカといってもよいでしょう。順天堂静岡病院はこの文京区の医療に絶対に劣らない、もしくはそれを凌駕できるような医療をめざしており、また実践しつつあります。

順天堂静岡病院の使命はいうまでもなく地域医療に貢献することですが、もう一つの存在意義は医療人の育成にあります。当院では多数の初期臨床研修医が学んでいます。この制度ができて10年になりますがここで研修した医師はいま全国で活躍しています。また当院は看護学部の学生さんの実習の場としても重要な役目をはたしています。

当院は今後も静岡県東部地域の医療に責任ある役割をはたしてまいりますので、ぜひ皆様のご協力を賜りますようお願いいたします。

静岡病院 院長 三橋 直樹