診療科産婦人科

Obstetrics and Gynecology

概要

産婦人科は、妊娠・分娩を取り扱う産科と子宮や卵巣などの女性特有の臓器に対する疾患を治療する婦人科から構成されています。また疾患の診断治療を行うばかりではなく、思春期から老年期までの女性の健康を総合的にサポートする診療科です。当院の産科は、正常分娩も多く扱っていますが、ハイリスクな妊婦さんの診療にも携わっております。婦人科は良性疾患から悪性疾患まで、幅広く婦人科疾患全般を取り扱っています。

主な
施設認定

  • 日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
  • 日本周産期・新生児医学会(母体・胎児)認定施設
  • 日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設
  • 日本女性医学会女性ヘルスケア専門医認定研修施設
  • 総合周産期母子医療センター

特色

産科

当院は静岡県東部地区の総合周産期母子医療センターに指定されており、当院の新生児センターと協力して静岡県東部地区の周産期医療の中心的な役割を果たしています。産科病棟(5A病棟)31床、MFICU(母体・胎児集中治療室)6床で、正常妊娠から母体および胎児に合併症のあるハイリスク妊娠まで、すべての妊娠に対応できる環境を整えています。また出産では助産師、産婦人科医だけではなく、新生児科医、麻酔科医の待機のもと、緊急時にも迅速に対応できる体制で分娩を行っています。

外来では通常の妊婦健診のほか、妊娠20週および30週前後で全ての妊婦さんに対して、妊婦健診では確認しきれない胎児異常の発見を目的として、胎児超音波スクリーニング外来を実施しています。また、胎児異常が疑われた妊婦さんに対しては、超音波専門医による胎児超音波精査外来を行います。

当院は、母体血胎児染色体検査(NIPT)をNIPTコンソーシアムの協力施設として、日本産科婦人科学会より公表された「母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」に関する指針およびNIPTコンソーシアムの方針に則って、検査を実施しています。

婦人科

婦人科悪性腫瘍においては最新のエビデンスに基づいた標準治療の提供、患者さん各々の心情に合わせた治療を提供させていただいています。合併症をもった患者さんに対しても、手術療法、化学療法や放射線療法などの集学的治療を行っています。

良性腫瘍全般の診断、治療を行っています。卵巣嚢腫に対しては、腹部の創部が小さく目立ちにくい腹腔鏡手術も積極的に行っております。

月経困難症、月経前緊張症(PMS)、更年期障害、骨盤臓器脱などといった女性の各ライフステージにおける特有の疾患にも対応し、受診をしていただいた患者さんが安心して医療を受けられるような環境を整えております。

外来について

産科の外来

産科

合併症のない妊婦さん(正常妊娠)、合併症が安定している妊婦さんの妊婦健診を行います。妊婦健診では毎回超音波検査を行います。

ハイリスク妊娠、超音波診断

合併症のある妊婦さんや慎重な胎児管理が必要な妊婦さんを対象としています。周産期および胎児診断を専門とする医師が行います。

超音波スクリーニング外来

妊娠20週と妊娠30週前後に、全ての妊婦さんを対象に行っています。お腹の赤ちゃんに異常がないかどうか、通常の妊婦健診よりも時間かけて細かいところまで確認します。異常が疑われる場合は、超音波専門医による超音波精査外来を受診していただきます。

超音波精査外来

前のお子さんに異常が認められた妊婦さん、今回のお腹の赤ちゃんに何か異常や心配な点が指摘された妊婦さんにつきましては、正確な胎児診断を目的とした胎児超音波精密検査を行います。胎児期での治療方法の有無、出産の注意点、出生後の治療方法などにつきましてカウンセリングを行います。

遺伝相談、出生前診断

近年、妊娠・出産する女性の平均年齢の上昇に伴い、出生前検査への関心が高まっています。出生前の遺伝学的検査は様々な種類があり、各々の状況に応じた情報を提供します。出生前検査とはどのようなものか、どのような検査があるのかなど説明し、ご夫婦に一緒に最良の選択肢を考えます。

NIPT外来

妊娠10週0日以降に行う、母体血を用いた胎児染色体検査を検討されている妊婦さんのための外来です。妊婦さんから20mlの血液を採取し、血液中を浮遊しているDNAを分析することで、赤ちゃんがダウン症候群(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミーであるかどうかの可能性を調べます。精度が高い検査ですが、赤ちゃんの染色体疾患を確定診断する検査ではありません(非確定的検査という位置づけの検査です)。結果が陽性であった場合は、確定診断のための羊水検査が必要になります。検査をご希望の方には検査前にご夫婦もしくはパートナーとお二人で遺伝カウンセリングを受けて頂く必要があります。

婦人科の外来

一般婦人科

子宮や卵巣に発生した良性腫瘍や悪性腫瘍、月経異常や更年期障害といったホルモンの異常、性感染症を含む感染症、排尿障害や性器脱など幅広く婦人科疾患全般を取り扱っています。不妊症、不育症の検査も行っています。

婦人科腫瘍

婦人科腫瘍を専門とする医師が悪性腫瘍を中心に診療を行っています。個々の患者さんに合わせた最適ながん治療の提供を目指し、患者さんご自身の考え方とご家族の意見等も含め治療方針を決定します。

対象疾患

産科

正常妊娠
異常妊娠
  • 母体合併症妊娠
  • 胎児疾患
  • 多胎
  • 胎児胎位異常
  • 胎盤位置異常
  • 産科合併症(妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病など)

婦人科

良性疾患
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症、子宮腺筋症
  • 卵巣嚢腫、卵巣腫瘍
  • 子宮脱
  • 月経異常
  • 更年期障害
  • 感染症

治療は、疾患・状態によって薬物、開腹手術、腹腔鏡手術を選択します

悪性腫瘍
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん

治療は病期にあわせて開腹手術、化学療法、放射線治療を選択します

外来担当医表

急な都合により、情報を掲載できない場合がございますので、予めご了承下さい。
詳細は各科外来へお問い合わせ下さい。

教授
先任准教授
准教授
講師
赤字
女性医師
午前
1診

【交代制】

(一般)

金田 容秀

(一般・婦人科腫瘍)

田中 利隆

(一般)

田中 里美

(一般)

矢田 昌太郎

(一般)

金田 容秀

(一般・婦人科腫瘍)

産科

矢田 昌太郎

(産科)

田中 里美

(産科・ハイリスク妊娠・超音波診断)

村瀬 佳子

(産科)

松澤 奈々

(産科)

田中 利隆

(産科・ハイリスク妊娠・超音波診断)

小熊 響子

(産科)

午後
1診

小熊 響子

(一般・産科)

小林 徹

(一般・産科)

栁原 康穂

(一般・産科)

伊藤 早紀

(一般・産科)

伊藤 早紀

(一般・産科)

2診

栁原 康穂

(一般・産科)

村瀬 佳子

(一般・産科)

松澤 奈々

(一般・産科)

小林 徹

(一般・産科)

胎児超音波精査外来・

遺伝相談・

出生前診断

3診

NIPT外来

-

超音波

スクリーニング外来

超音波

スクリーニング外来

超音波

スクリーニング外来

医師紹介

准教授

田中 利隆たなか としたか

性別
出身大学
順天堂大学卒(平成11年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医、指導医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医、指導医、評議員
  • 日本超音波医学会超音波専門医、指導医
  • 日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
  • 日本女性医学会女性ヘルスケア暫定指導医
  • 母体保護法指定医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般
  • 周産期医学
  • 胎児診断

みつはし なおき

三橋 直樹

性別
職位
院長 特任教授
出身大学
東京大学卒(昭和48年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 周産期医学
  • 婦人科腫瘍学
  • 不妊内分泌学

かねだ ひろし

金田 容秀

性別
職位
助教
出身大学
順天堂大学卒(平成12年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医、指導医
  • 日本がん治療認定医
  • 母体保護法指定医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般
  • 婦人科腫瘍
  • 緩和ケア

たなか さとみ

田中 里美

性別
職位
助教
出身大学
順天堂大学卒(平成17年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般
  • 周産期

やた しょうたろう

矢田 昌太郎

性別
職位
助手
出身大学
順天堂大学卒(平成17年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
  • 母体保護法指定医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般

むらせ よしこ

村瀬 佳子

性別
職位
助手
出身大学
東海大学卒(平成21年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般

いとう さき

伊藤 早紀

性別
職位
助手
出身大学
順天堂大学卒(平成25年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般

こばやし とおる

小林 徹

性別
職位
助手
出身大学
順天堂大学卒(平成25年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般

やなぎはら やすほ

栁原 康穂

性別
職位
助手
出身大学
久留米大学卒(平成27年)

認定医・専門医など

  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般

おぐま きょうこ

小熊 響子

性別
職位
助手
出身大学
弘前大学卒(平成27年)

認定医・専門医など

  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般

まつざわ なな

松澤 奈々

性別
職位
医師
出身大学
順天堂大学卒(平成24年)

認定医・専門医など

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

専門分野

  • 産婦人科全般

診療実績