放射線室

概要

当院の放射線室は、技師30名(女性技師7名)事務5名からなる決して大きな組織とは言えない部門であるが、それ故に和気あいあいとした部署となっています。
当、放射線室は大きく画像診断部門と治療部門に分ける事が出来ます。
更に、診断部門はエックス線撮影(一般撮影・エックス線TV・マンモグラフィ・骨密度)CT・ 血管撮影・MRI・核医学に分類され、それぞれのモダリティには専門技師が常駐し、患者さんには安心、安全な検査或いは治療を行っています。
また、当院は日本救急撮影技師認定機構実習施設に指定されています。

放射線室部門紹介

一般撮影・エックス線透視

放射線室で、一般撮影・エックス線透視は患者さんにとって最も馴染み深いものと言えるのではないでしょうか。例えば、胸あるいは腹のレントゲン、手・足のレントゲンと云うものです。また、透視はバリウムを用いた胃あるいは腸の検査がそれです。
当院では、一般撮影機器4台、エックス線透視3台すべてフラット・パネルにて患者さんへの被曝低減に努めて参りました。

CT部門

当院のCTは64列が2台、80列が1台にて運用され、頭から足まで全身の断層検査を行っています。また、体幹部・手・足等の血管を3次元で表示し、患者さんに全く苦痛を与えずに体内のほぼすべてを画像として表す事が出来ます。

骨密度検査・乳房撮影装置

骨密度検査装置は、文字通り骨の密度を計測する装置です。また、骨塩定量とも言います。よく話題に出る骨粗鬆症や治療判定等に活躍しています。
乳房撮影(マンモグラフィ)は乳房専用の撮影装置です。
微細な石灰化を見つけ出し、現在最も有効な乳がん検診の機器です。勿論、フラット・パネルにて被曝は軽減され、当院女性技師6名は乳房撮影専門資格を取得しています。

血管撮影

現在、当院における血管撮影装置は心臓血管撮影専用装置1台、頭・腹等の血管撮影装置が1台稼働中ですが近い将来、心臓血管撮影専用装置を3台にする予定です。

ここ数年、血管撮影の概念は検査から治療へと移行しています。(IVR)
例えば、「ここに動脈瘤があるね。では手術室へ」から、「この場で治療しましょう」と云う、具合です。当院ではそれら専門医師と専門技師が24時間待機し、治療にあたっています。

核医学検査

核医学検査室(RI室)Radio Isotope の略には、極微量の放射線を出す薬を注射あるは、カプセルを経口しその種類によって脳・甲状腺・肺・腎臓・肝臓・骨 等の全体像や断層撮影を行ったり、血流量を測定する事が出来ます。これらをシンチグラム、SPECT(スペクト)検査と言います。

また、当院ではPET/CTが10年前より稼働し、早期のがんや腫瘍を発見し多くの患者さんに貢献して来ました。
PET/CTはがんに集まるRIを注射し、同時に撮影するCT画像とヒュージョンさせ、病気を早期に発見しようとするものです。

MRI検査

MRIは強力な磁石と電磁波によって全身のどの部位においても、どの様な角度から断層画像を得る事が可能な検査機器です。
当院では1.5T(T=テスラ:磁場の強度)MRIが2台、3.0TMRIが1台の計3台が稼働しています。MRIは放射線を使わないため、全く放射線被曝はありません。
脳・脊髄・四肢などあらゆる部位の検査に用いられ特に、急性期の脳梗塞や微小な脳内出血などの発見に威力を発揮します。

放射線治療(リニアック)

放射線治療は、手術・化学療法と並び、がんの治癒・増殖抑制、痛みの緩和などに用いられます。
当院では、平成29年に最新鋭のリニアックを更新しました。患者さんには苦痛やストレスを与えず更に精度の高い治療が可能となりました。医師・技師・看護師が専門の知識のもと、暖かい治療を心掛けています。

放射線室認定取得一覧

  • 第一種放射線取扱主任
  • 第一種環境測定士
  • 臨床実習指導者
  • IVR専門診療放射線技師
  • RI専門技師
  • 救急撮影認定技師
  • 検診マンモグラフィ撮影認定技師
  • X線CT認定技師
  • Ai認定技師
  • 磁気共鳴専門技術者(MRI)
  • 放射線機器管理士
  • 放射線管理士
  • 医療画像情報精度管理士