診療科病理診断科

Pathology

概要

ご存じのように、各診療科では、病名をより正確に決定するために、患者さんのお体のごく一部や体内に溜まった液体などを採取させていただくことがあります(皮膚生検・胃生検・胸水など)。

この採取させていただきました組織・液体、並びに、手術で切除された腸の一部などを、臨床検査技師の協力のもと、特殊な方法にて病理学的に精査しておりますのが、当科の医師であります。

通常、当科の医師は患者さんに直接お会いしませんが、一定期間(一週間~二週間)の病理学的検査の結果得られた医学情報は各診療科の担当医に報告され(病理診断報告書)、患者さんの病名決定(診断)や今後の治療方針を決める際の重要な根拠の一つになります。

主な
施設認定

  • 日本病理学会研修医認定施設

特色

当科の医師は、消化器(胃・大腸などの消化管)に生じるガンなどの疾患の病理学のエキスパートとして、県内の各種勉強会・研究会に積極的に参加し、全国の発表会においても随時活動し、さらに、2009年からは、日本病理学会・中部地区のこの分野のコンサルテーション医に任命されております。

また、消化器分野に限らず、他院でなされた病理診断のセカンドオピニオンも当院の各診療科を介して受けることがあります。

対象疾患

他診療科から依頼された病理診断のすべて

医師紹介

わだ りょう

和田 了

性別
職位
特任教授
出身大学
順天堂大学卒(1982年)

認定医・専門医など

  • 日本病理学会評議員・専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • 日本消化管学会認定医

専門分野

  • 外科病理診断等
  • 消化管腫瘍の発生と進展(形態組織学・分子病理学)
  • 病理組織診断学

診療実績

診療実績(過去 5年間)(常勤病理医1名+本院からのリモート診断支援)

2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
組織診断(例/年) 5,973 6,136 6,659 6,917 6,960
細胞診断(例/年) 7,010 6,973 7,254 7,727 8,193
解剖診断(例/年) 8 16 18 8 9

研究業績

英文原著

  1. Amano N, Ikeda Y, Hayashida S, Takahashi S, Sato S, Murata A, Tsuzura H, Sato S, Shimada Y, Iijima K, Wada R, Nagahara A, Genda T : Prognostic significance of serum tyrosine concentration in patients with primary biliary cholangitis under ursodeoxycholic acid therapy. Hepatol Res. 50 :214-223, 2020.
  2. Tomishima K, Fujisawa T, Sato S, Amano N, Murata A, Tsuzura H, Sato S, Matsumoto K, Shimada Y, Wada R, Genda T, Isayama H: Successful Management of Hemosuccus Pancreaticus due to Pancreatic Adenocarcinoma by Chemoradiotherapy. Intern Med.4372-19, 2020
  3. Sugimoto K, Ito T, Hulbert A, Chen C, Orita H, Maeda M, Moro H, Fukagawa T, Ushijima T, Katai H, Wada R, Sato K, Sakamoto K, Yu W, Considine M, Cope L, Brock MV : DNA methylation genome-wide analysis in remnant and primary gastric cancers. Gastric Cancer , 2019
  4. Shimizu Y, Wakabayashi K, Hayashi Y, Hara K, Aoyama R, Niimi T, Tomino Y, Wada R, Hata M, Suzuki Y : MPGN Type 3 Associated with Pemphigus Herpetiformis Mimicking PGNMID and Dermatitis Herpetiformis. Case Rep Nephrol Dial. 21;9(1):15-24, 2019
  5. Ito T, Matoba R, Maekawa H, Sakurada M, Kushida T, Orita H, Wada R, Sato K : Detection of gene mutations in gastric cancer tissues using a commercial sequencing panel. Molecular and Clinical Oncology 11 : 455-460, 2019
  6. Tomishima K, Sato S, Amano N, Murata A, Tsuzura H, Sato S, Kanemitsu Y, Shimada Y, Iijima K, Genda T, Wada R, Nagahara A : A case of ischemic gastroduodenal disease in a patient who was receiving hemodialysis treatment that was managed by conservative treatment. Clin J Gastroenterol. 11(5):386-390, 2018
  7. Sakuraba S, Orita H, Ueda S, Tokuda S, Ito T, Kushida T, Sakurada M, Maekawa H, Wada R, Sato K : A Case of Segmental Arterial Mediolysis Presenting as Mucosal Gastric Hematoma. Case Rep Gastrointest Med. 3634967, 2017
  8. Kusunoki T, Homma H, Kidokoro Y, Yanai A, Hara S, Kobayahi Y, To M, Wada R, Ikeda K : Cervical fistula caused by submandibular sialolithiasis. Clinics and Practice, 7:985, 2017
  9. Wada R, Hirabayashi K, Ohike N, Morii E : New guidelines for HER2 pathological diagnostics in gastric cancer. Pathol Int 66:57-62, 2016
  10. Sato S, Genda T, Ichida T, Murata A, Tsuzura H, Narita Y, Kanemitsu Y, Ishikawa S, Kikuchi T, Mori M, Hirano K, Iijima K, Wada R, Nagahara A, Watanabe S : Impact of aldo-keto reductase family 1 member B10 on the risk of hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma. J Gastroenterol Hepatol. 2016 Jan 13.
  11. Kusunoki T, Wada R, Homma H, Kidokoro Y, Yanai A, Ikeda K : Two cases of laryngeal cystic lesions. Clinics and Practice, 6:822, 2016
  12. Mori M, Genda T, Ichida T, Murata A, Kamei M, Tsuzura H, Sato S, Narita Y, Kanemitsu Y, Ishikawa S, Kikuchi T, Shimada Y, Hirano K, Iijima K, Sugimoto K, Wada R, Nagahara A, Watanabe S : Aldo-keto reductase family 1 member B10 is associated with hepatitis B virus-related hepatocellular carcinoma risk. Hepatol Res. Apr 15, 2016.

和文総説

  1. 八尾隆史、大城由美、和田 了:小腸疾患の分類と病理診断. 胃と腸 54:440-449, 2019
  2. 和田 了:図説「胃と腸」所見用語集 2017, 病理, 線維筋症. 胃と腸 52:696, 2017
  3. 和田 了:専門医のためのアトラス 未分化癌と特殊な癌. 胃がんperspective 8:32-37, 2016

英文著書

  1. Yao T, Wada R : Pathology of Gastric Cancer. Gastric Cancer. Edited by Shiotani A, Springer, Singapore, p63-75, 2019

和文著書

  1. 和田 了:膵臓. カラーアトラス 病理組織の見方と鑑別診断 第6版. 医歯薬出版、東京、p289-297, 2018
  2. 和田 了:残胃癌. 腫瘍病理鑑別アトラス, 胃癌第2版. 文光堂、東京、p155-161, 2015
  3. 和田 了、平林健一、大池信之、森井栄一:Ⅱ 胃癌のHER2病理診断ガイドライン. 胃癌・乳癌HER2病理診断ガイドライン 第1版, 日本病理学会編, 金原出版, 東京, p47-60, 2015
  4. 上野秀樹、望月英隆、落合淳志、池上雅博、山田一隆、白水和雄、亀岡信悟、九嶋亮治、高橋慶一、味岡洋一、正木忠彦、大倉康男、長谷和生、河内 洋、岩屋啓一、和田 了、久須美貴哉、中村好宏:リンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣(EX). 大腸疾患NOW2015. 日本メディカルセンター社, 東京, , 2015
  5. 和田 了:Group 3 病変. 臨床医のための胃がん病理アトラス. メディカルビュー社, 東京, p84-86, 2014
  6. 和田 了:胃のさまざまな隆起性病変. 臨床医のための胃がん病理アトラス. メディカルビュー社, 東京, p17-21, 2014

講演(主なもの)

  1. 和田 了:ヒト大腸癌の発生とその予防について-大腸腺腫内Paneth細胞出現性からの考察,ワークショップ2「分子形態学に基づいた消化器腫瘍の新知見」 第51回日本臨床分子形態学会総会・学術集会(ワークショップ)2019.9.20(久留米市)
  2. 和田 了:臨床診断に役立つ胃炎の病理. よかしゃん研究会(馬場塾・東京胃会・東京Jr.胃会合同開催)(講演)2019.3.2(東京都)
  3. 和田 了:病理診断の現状とそのスキル伝承の難しさ~病理診断の今後の展開予測~「病理医」の日常業務のあれこれ. 第160回 n-bioバイオセミナー(特別講演) 2019.2.27(長浜市)
  4. 和田 了:病理標本作成過程(概説)~胃微小癌の病理組織学的発見. 平成30年度 第4回 静岡県病院薬剤師会東部支部研修会(特別講演) 2018.11.20(三島)
  5. 和田 了:胃上皮性病変の病理組織学的良悪性判定の指標-異型度の考え方について-. 第120回東京胃会(特別講演) 2018.3.16(東京都)
  6. 和田 了:読影に役立つ胃癌病理の基礎知識. 第115回東京胃会(特別講演)2017.3.17(東京都)
  7. 和田 了:病理標本作成過程(概説)~胃微小癌の病理組織学的発見. 第116回 消化管X線診断研究会(ミニレクチャー) 2016.12.15(東京)
  8. 和田 了:消化管癌の病理診断におけるバイオマーカー, シンポジウムⅢ「病理診断におけるバイオマーカー」 第48回 日本臨床分子形態学会総会・学術集会(シンポジウム) 2016.9.24(熊本市)
  9. 和田 了:病理標本作成からはじまる、病理診断のイロハ~「病理医」あれこれ. 第2回東京Jr.胃会(特別講演) 2016.6.4(東京都)
  10. 和田 了:腺腫と高分化腺癌(大腸).早期胃癌研究会(ミニレクチャー) 2016.2.17(東京)

研究

消化管疾患、膵がんの病理組織学的、分子病理学的研究