当院の対応は以下のとおりです。皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

マスク着用のお願い

新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染防止のため病院内ではマスクを着用してください。
※ マスクは、ご自身でご用意をお願いいたします。

 

地域の皆さまへ

・当院では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の疑われる患者さんと、一般の患者さんは、導線を分けておりますのでご安心下さい。

伊豆の国市令和2年4月定例記者会見【緊急対談】新型コロナウイルスに打ち勝つために~正しい知識と今私たちにできること~(小野伊豆の国市長と当院 呼吸器内科 岩神教授)

医療用マスクご寄贈のお礼

PCR検査について(2020年5月18日更新

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる、またはご心配の患者さんへ(2020年5月13日) 

 

 

 

外来について

内視鏡検査を受ける予定の患者さんへ(2020年4月27日)

3つの密を避けるために(2020年4月21日更新)

救急外来を受診の方へ(2020年4月17日)

来院される方全員に正面玄関等にて検温を実施いたします。(2020年4月10日)

 

 

 

入院について

面会について(2020年4月17日更新)

 

 

 

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

当院では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の疑われる患者さんと、一般の患者さんは、導線を分けておりますのでご安心下さい。

 

医療用マスクご寄贈のお礼

コロナウイルス感染拡大により、当院においても医療用マスクの不足が懸念となるなか、伊豆の国市より、医療用「N95マスク」の寄贈をいただきました。「N95マスク」はウイルスを通しにくく、医療従事者にとって感染予防に必須なものです。

貴重な「N95マスク」大切に有効活用させていただきます。

職員一同、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

    小野登志子伊豆の国市長がN95マスクをお持ちくださいました。

PCR検査について

当院は感染症指定医療機関ではありません。

PCR検査を必要とされる方や下記の目安に当てはまる方は、まずは最寄りの「帰国者・接触者相談センター」へご連絡ください。

※「帰国者・接触者相談センター」は、県内各保健所に開設されており、当院には設置されておりません。

 

「帰国者・接触者相談センター」への相談の目安

1)発症から2週間以内に「新型コロナウイルス感染者」と濃厚接触(※)をした方で、
①発熱 または ②呼吸器症状 または ③急性の嗅覚・味覚障害 を有する方

2)発症から2週間以内に「国内・国外問わず流行地域を訪問、滞在又は居住した方」、または「国内・国外問わず流行地域を訪問、滞在又は居住した方と濃厚接触(※)をした方」

①発熱37.5度以上 または ②呼吸器症状 または ③急性の嗅覚・味覚障害 を有する方

3)診断のついていない発熱や風邪症状がある方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様)、もしくは 強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)、高熱などの強い症状のいずれかがある方、もしくは重症化しやすい方(高齢者や基礎疾患がある等)で、比較的軽い風邪の症状がある場合

  ※ 濃厚接触とは、同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)を指します。

 

 

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる、またはご心配の患者さんへ

※新型コロナウイルス感染症についての相談窓口は、当院には設置されておりません。

指定感染症である新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる、またはご心配な場合には、事前に必ず「帰国者・接触者相談センター」に連絡して受診先を相談することになっています。

 

 

3.その他

一般診察、予約診察などは通常通り行っております。予約の変更を希望される場合は、055-948-3111(代表番号)までご連絡下さい。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

内視鏡検査を受ける予定の患者さんへ

-新型コロナウイルス感染症対策に関するお願い-

内視鏡検査(胃内視鏡、大腸内視鏡、気管支鏡、超音波内視鏡など)ではエアロゾルの発生、糞便中へのウイルスの排出などにより、新型コロナウイルスの感染リスクがあるとされています。

患者さん、医療従事者への感染防止の観点から、内視鏡室では以下の対応を取らせて頂きます。

 

・検査当日の問診、体温測定で異常があれば検査を中止いたします。

 

何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

 

3つの密を避けるために

新型コロナウイルス感染拡大防止として「3つの密(密閉・密集・密接)」を避けるため、以下の点にご協力をお願いいたします。

1.外来待合室では他の方と間隔を空けてお座りいただき、会話は極力ご遠慮ください。

2.受付や検査が終わりましたら院外(自家用車など)でお待ちいただき、予約時間が近づきましたら外来までお越しいただいても差し支えございません。

機械による換気に加え、一部外来で窓を開放させていただいております。

2020年4月18日

 

 

 

救急外来を受診の方へ

付添い制限のお願い

現在、国内でも新型コロナウイルス感染症が 増え、院内感染が懸念されております。

そのため当面の間 救急外来前での付添いを ご遠慮頂きますようご協力お願いいたします。

小児もしくは介助が必要な方に付添われる 場合、付添い者は1名とさせていただきます。

※ 特に下記に該当する方は付添いできません。ご了承ください。

・発熱のある方

・かぜ症状(咳、鼻水、結膜の充血、全身倦怠感など)のある方

・消化器症状(嘔気・嘔吐・下痢)のある方

・体調のすぐれない方

・感染者数が多発している地域からお越しの方

ご不明な点は、スタッフまでお声をおかけください。

ご協力よろしくお願いいたします。

2020年4月17日

 

 

【ご協力願い】来院される方全員に正面玄関等にて検温を実施いたします。

 

新型コロナウイルス感染防止対策として、当面の間、来院される方全員に正面玄関(風除室)等において検温を実施させて頂きます。

皆様のご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院への面会について

現在、 国内でも新型コロナウイルス感染症が増え 、院内感染が懸念されております。 そのため 当面の間 ご面会をご遠慮いただきますよう ご協力 お願いたします 。やむを得ず面会をする場合は、事前に許可を取り、必ずマスクを着用してください。

なお、許可を得た方でも下記に該当する方はご面会できません。ご了承ください。

・発熱のある方

・かぜ症状(咳、鼻水、結膜の充血、全身倦怠感など)のある方

・消化器症状(嘔気・嘔吐・下痢)のある方

・体調のすぐれない方

・感染者数が多発している地域からお越しの方

1.面会制限実施期間について

当面の間

2.面会制限と面会許可について

(1) 面会は原則禁止といたします。

(2) 面会が必要な場合は、事前に病棟へ申し出て許可を受けてください。

(3) 許可を得た方でも、発熱やかぜ症状、消化器症状等のある場合は面会できません。

3.面会方法について

許可を得た方は、面会時に「面会受付(※)」で手続きを行い、「面会許可証」の交付を受けてください。

面会時には必ず「面会許可証」を着装してください。

※面会受付:初診受付(時間外は警備室)

4.面会者のマスク着用と手指衛生の徹底について

面会する際は、必ずマスクを着用し、手指衛生を徹底するようご協力をお願いいたします。

※ マスクは、ご自身でご用意ください。

ご不明な点は、スタッフまでお声をおかけください。

ご協力よろしくお願いいたします。