治療方針について

診断

各種がんの専門医が画像検査の読影を行っております。

外科的手術

各種がん治療のガイドラインに沿って手術を行っています。

内視鏡的手術

食道がん、胃がんの早期がん症例に対して内視鏡的粘膜下剥離術や、大腸がんの早期がん症例に対しては内視鏡的粘膜切除術を行っています。

小腸内視鏡検査

下血などの症状はあるが、食道・胃・十二指腸などの上部消化管や大腸などの下部消化管からの明らかな出血源が不明なことがあります。出血源を検索するのに小腸内視鏡装置を整備し、病変を発見することができるようになりました。

放射線療法

各診療科特有のがんに対して、放射線治療(リニアック)を行っています。

がん化学療法

各種がん化学療法の最新のガイドラインに沿って行っています。また、外来化学療法室を開設し、安全に治療を行いながら患者さんの利便性や経済性、生活の質などを高められるよう取組んでいます。

ホルモン療法

乳がん、前立腺がん等に対し、手術、化学療法や放射線療法との併用の中で行っています。

血管造影検査および肝動脈塞栓療法

病巣の進行度を血管造影から検索し、適格な治療の為に行っております。中でも、肝臓がんで切除困難症例に対し、肝動脈を塞栓したり、抗がん剤を注入し治療を行っています。

肝がんに対するラジオ波焼灼療法

肝がんに対して超音波ガイド下で穿針、腫瘍部を焼灼し治療致します。

無菌室の完備

当院では、白血病に対する化学療法や放射線治療による感染制御をするため、無菌室を整備し安全な医療を提供しています。

緩和ケア

治療経過の中で身体の疼痛や精神的な苦痛を伴うことがあります。疼痛緩和に対してはペインクリニックで対応し、精神的なケアはメンタルクリニックや臨床心理士がサポートし対応しております。

相談支援

がんに関する専用相談窓口として、患者・看護相談室内に『がん相談支援センター』を設置し、専従の相談員により患者さんやご家族、また地域の医療機関の皆さんからの相談を受け付けております。

対応可能ながんの種類

我が国に多いがん
  • 肺がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肝臓がん
  • 乳がん
頭部/頸部
  • 脳・脊髄腫瘍
  • 眼・眼窩腫瘍
  • 口腔・咽頭・喉頭・鼻腔
  • 甲状腺がん
胸部
  • 胸腺
  • 胸膜
消化管
  • 食道がん
胆道/膵臓
  • 胆嚢・肝外胆管
  • 膵がん
泌尿器
  • 腎・腎盂・尿管
  • 膀胱がん
  • 副腎・他内分泌器官
男性生殖器
  • 前立腺
  • 精巣
  • 陰茎
女性生殖器
  • 子宮頚部
  • 子宮体部
  • 卵巣・卵管
  • 外陰・膣
皮膚/骨と軟部組織
  • 皮膚腫瘍
  • 軟部組織
血液・リンパ
  • 白血病および造血器疾患
  • リンパ腫
その他
  • 後腹膜・腹膜腫瘍
  • 性腺外胚細胞腫瘍
  • 原発不明がん